札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > マイホーム購入後、11年目が最大の危機である

マイホーム購入後、11年目が最大の危機である

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

家を買った後、数十年もの間、

住宅ローンの返済をしていけるのか…?

 

この答えは・・・当事務所のサービス、

「あんしんマイホーム資金計画書」を

作成することで見通しが立つでしょう。

 

この「あんしんマイホーム資金計画書」で

家を買ったあとの未来予測をすると、

 

・将来に渡って資産が赤字にならない

・貯金がなくなり生活が成り立たなくなる

 

どちらかの結果になります。

 

家を買っても収入と支出のバランスが取れ、

貯金もしっかりでき、老後になっても

資産がなくならないという人は、

 

それこそ安心してマイホームの購入計画を

スタートできますね。

 

一方で将来、どこかのタイミングで

収入よりも支出が著しく多くなり、

 

資金(貯金)が尽きるという人も

相談者さんの約50%います。

 

この資金が尽きるタイミングで多いのが、

60歳を過ぎ収入がガクンと減ったとき。

 

そして家を買ってから『11年目』を境に、

単年度ごとの家計が一気にマイナスになり、

結果的に貯金が底をつくケースもあります。

 

60歳以降、収入が減ることで赤字になる

イメージはしやすいと思いますが、なぜ

『11年目』に収支が悪化するのでしょう?

 

今回はなぜ、

「家を買って11年目が危機になるのか?」

について理由を5つ説明していきます。

 

 

1.住宅ローン減税が終わる

 

まずは10年間の住宅ローン減税期間が

終了することにより、税金が増え、手元に

残るお金が少なくなることが挙げられます。

 

最近、消費税10%で新築を購入した方は

この期間が13年になるのですが、

8%や5%の時代に家を買った人は

10年間となります。

 

ローンの借入れ金額や年収によっても

減税される金額は異なりますが、

札幌ならざっくり20~30万円程度の

恩恵を受けている人が多いと思います。

 

この20~30万円程度の恩恵が

11年目以降なくなります。

 

税金という支出が多くなり、必然的に

手元に残るお金も少なくなります。

 

 

2.金利の固定期間が終わる

 

35年間、ローンの金利が変わらなければ

毎年支払う返済額も同じになります。

※元利均等返済の場合

 

しかし、多くの人が35年間ずっと金利が

変わらない『固定金利』ローンを選ばず、

 

目先の金利の安い『変動金利』、

または『固定期間選択型』、

この住宅ローンを利用しています。

 

固定期間選択型というのは、

・最初の3年間だけ

・最初の10年間だけ

みたいな数年間だけサービスタイムがあり、

その後は金利が上がる可能性が高い商品。

 

例えば、最初の10年間は1%だけど、

11年目からは1.3%~1.5%になる

といった感じですね。

 

3,500万円35年払いを上記に当てはめると

 

・最初の10年間→年間119万円の返済

・11年目→年間126万前後の返済

 

このように返済額が増えてしまうため、

家計が厳しくなるというものです。

 

金利がそれ以上に上昇していると、

さらに返済額が増えてしまいます。

 

北海道の場合、北洋銀行、北海道銀行で

住宅ローンを借りる人が多いと思いますが、

どちらの主力商品も固定期間選択型ですし、

他にも多くの銀行が固定期間選択型の

住宅ローンを取り扱っています。

 

固定期間3年、10年を選んでいる人は

終了後に一気に年間支払額が増えますから、

注意が必要ですね。

 

 

3.メンテナンス費用がかかる

 

屋根のメンテナンス、

外壁の塗り替え、

ボイラーの寿命・・・

 

これは建築する地域の特性(海の近く)や、

機器の当たりハズレによって前後しますが、

短いもので10年~15年でメンテナンスや

交換が必要とされています。

 

他にもキッチンの水栓やLED電球の交換、

エアコンや家電の買替えなど・・・

 

これらも10年前後で寿命を迎えるかも

しれません。

 

そしてこれらは計画的に壊れてくれません。

 

これらの機器の買替えやメンテナンス費が

かかってほしくないタイミングで突然、

「プツン!」と壊れたりします。

 

家計が厳しい10年前後のタイミングで

壊れたりするんですよね。

 

これはボディーブローのように

じわじわと家計に響いてくるんですよね。

 

※ちなみに私が作成するライフプランでは、

10年に1度、100万円程度のメンテナンス

費用がかかる計算で見積もっています。

 

 

4.火災保険の更新が必要

 

現在の火災保険は最長で10年間しか

契約ができません。

 

つまり、家を建てて11年目を迎える時、

火災保険の更新も必要になるという事です。

 

火災保険はどんな物件に住んでいるかで

保険料率が大きく変わります。

 

鉄筋マンションなら10年で保険料は

10万円程度だと思いますが、

 

木造の一戸建ての場合、

20万円~30万円前後かかると

見込んでおくべきだと思います。

 

いきなり「更新のお知らせ」が届き、

数十万円払わないといけなくなりますから

事前に注意しておきましょう。

 

 

5.高校、大学入学で費用がかかる

 

子どもの学費が急激にかかるタイミング、

それが中学3年生と高校3年生です。

 

中学3年生の「高校受験」のタイミングで

塾や家庭教師の“学校外”でかかる費用が

多くなりますし、

 

大学の入学金は、推薦入学の場合など、

高校3年生時の割と早いタイミングで

支払いが必要になるケースが多いからです。

 

この負担が引き金になり、貯蓄が減り、

その後の大学資金の捻出などができず、

赤字家計になることが多いです。

 

言うまでもなく大学の学費は中学、高校と

比べものにならない程、多額になります。

 

これから家を買おうとしているご家族は、

 

・ご夫婦

・3歳~5歳の一人目のお子様

・0歳~1歳の二人目のお子様

 

この3人~4人家族の構成であることが

非常に多いですが、

 

1人目のお子様が10年経てば14歳前後で

高校受験を控えます。

 

数年後、2人目のお子様が高校受験を

迎えるあたりに、1人目のお子様の

大学への入学金を支払い、

 

その後大学4年間の学費を払い続けないと

いけなくなります。

 

多くの家庭で11年目、つまり、

お子様が14歳以降になるタイミングで

教育費が負担大となり、赤字に転落する

ケースが目立っていますね。

 

 

・・・・・・

 

これらの原因がタイミング悪く、11年目に

一気に家計を直撃する爆弾のようになれば、

 

それこそ一気に家計が吹っ飛ぶ状況に

陥りかねません。

 

運まかせの計画ではなく、やはり事前に

どのタイミングで、どのようなお金が

かかるのかを知ってから計画を進めるのが

懸命ですよ。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************