札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 夏季限定!今なら200万円値引きします?

夏季限定!今なら200万円値引きします?

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

毎年、よくわからないのですが・・・

お盆期間っていつからいつまでですかね?

 

独立してからは特に曜日感覚やカレンダー

を意識しないようになってしまったので

余計に世の中の休日がわかりません。

 

たぶん今日くらいから始まるのでしょう。

 

以下の内容はお盆期間中に住宅会社と

商談のある人にはきっと役立つはずです。

 

・・・・・・

 

さて、突然ですが・・・

200万円』貰えたら、何に使いますか?

 

突然、何を『現実離れ』したことを

言ってるんだと思われるかもしれませんね。

 

まぁまぁ…少しだけお付き合いください。

 

仮に宝くじが当たったとでもしましょうか。

 

正直、『貯金』や『投資』という人もいる

かもしれませんが、今回はそれはナシで!

 

さて、あなたなら何に使いますか?

 

少しだけ想像してみてください。

 

今回のメルマガで本当に言いたい事は

最後に伝えますが、しっかり考えた方が

より納得できると思いますよ。

 

・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

想像してみる

 

ちゃんと考えてくれましたか?

 

私なら・・・

 

 

【車を買いたい!】

 

先日、中古のトヨタプリウスを110万円で

購入しましたが、それでも、もし200万円

もらえたなら新車が欲しいかなと思います。

 

きっと『車』という回答は多いと思います。

新車ではなく、中古車2台でも良いですね。

 

考えて見ると、意外とまとまったお金の

使い道って無いものです。

 

その他には、

・お子様の学費にあてたい!

・両親と一緒に世界一周旅行に行きたい!

・一年間分の生活費にしたい!

・土地を買って、農作業をしたい!

などでしょうか?

 

何にせよ、200万円というお金は大金です。

 

普通に考えたら、絶対に貰えませんよね?

普通に考えたら、ありえない話ですよね?

疑って当然ですよね?

 

しかし・・・

あるんですよね、現実の世界でも・・・

 

『今なら200万円あげますよ!』

っていう胡散臭い話が・・・

 

 

【今月契約してくれたら、『200万円』

サービスしますから契約してください!】

 

これは住宅会社、特にハウスメーカーでは

当たり前のようにされているクロージング

(契約を迫る)トークです。

 

あなたが、

 

「土地は決まった、図面もおおよそOK

あとは予算だけだな・・・」

 

と思っていた矢先に、想定していた

予算よりも300万円高い見積りが登場。

 

「うわー、思っていた以上に高いなぁ」

と、思っている時にこの一言。

 

「今、お申込み頂ければ200万円サービス

させて頂きます!是非、ご契約ください!」

 

・・・ウソ臭い(笑)

これ、住宅業界あるあるなんですよね。

 

ハウスメーカーであれば、建物金額は

2,500万円~2,800万円が平均値かなと

思います。

 

その内、約10%である金額を今契約する

ならサービスしますよという『お得感』を

演出することで契約を迫る行為です。

 

200万円も安くなるの?ラッキー!」

と、思う人もいるかもしれませんが、

冷静になって考えてみてください。

 

冒頭に聞いたあなたの200万円の使い道、

何でしたか?

 

200万円の値引きとは、つまりそれを

ハウスメーカーが払ってくれると

いうことです。

 

私の場合なら『車』でした。

 

「新松さん、今月中に家を買ってくれたら

中古車ですけど、プリウス2台プレゼント

させて頂きます。なので契約しませんか?」

 

ってことです。私なら超不審に感じます!

 

こうやって冷静に考えられると、

「値引きができるカラクリがあるのでは?」

と考えられますが、

 

家という初めて買う買い物で、金額設定が

2,000万円~3,000万円する為、冷静に判断

ができないのかもしれませんね。

 

スーパーなどで買い物をするときには、

1割引き』や『20%OFF』という値付け

を見ますが、それとは全く違いますよ。

 

 

【過度な値引きは不誠実!】

 

私はたびたび、このメルマガで値引きに

ついて触れていますが、やはり過度な

値引きは不誠実です。

 

そもそも、家を1棟売って出る利益は

おおよそ400万円~600万円程度なんです。

 

その為、そのうちの200万円を値引きは

30%50%もの利益を削ることになります。

 

これは正直、事業として成り立ちません。

 

しかし、これが最初から『不適正な金額』

で設定されているとしたら話は別です。

 

元々、2,200万円のものに対して、

2,500万円という値付けをし、

 

「今月中なら200万円引きます!!」

と、クロージングを行う。

 

ここで決まれば、通常価格よりも高く

売れて営業マンとしては、内心、

「ヨッシャー!」

と思っているでしょう。

 

そして、200万円の値引きでお客様が

YESと言わなければ、

 

「今、この場で契約をしてくれるなら…

上司から怒られるのを覚悟であと100万円

サービスさせて頂きます!」

 

と、もう一押しのクロージング。

 

2,500万円から300万円引きましたが、

この時点でようやく通常価格の2,200万円。

 

場合によって、お客様が資金に余裕がある

とわかれば、2,500万円のままで契約を

迫っている可能性もありますね・・・

 

『取れる人からは利益を取り、

利益が取れない人からは取らない』

 

これ、お客様に対して失礼ですし、

不公平ですし、誠実ではありませんよね。

 

 

【値引きをしないと家が売れない・・・】

 

さらにこのクロージング方法を使う理由は

 『値引きしないと家が売れない会社』

だからです。

 

建物の性能やデザイン性自体に魅力が薄く、

金額のお得感によってしか契約を取ること

ができない為、仕方なくこの方法を頼る

ことになるのです。

 

そんな会社の家をあなたは買いたい!

住みたい!と思いますか?

 

・・・・・・

 

こう考えると、『値引きをしてきた会社』は

絶対すぐ契約することを避けるべきです。

 

本当に誠実で魅力のある会社なら、見積書も

初めから適正価格で提案してくれます。

 

このことはしっかりと理解して商談に

望むようにしたいですね。

 

このお盆期間中に住宅会社と打合せ、

商談がある人は特に注意してください!

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************