札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 成功率96.42%の住宅購入

成功率96.42%の住宅購入

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

今、この記事を書いている私は

『ファスティング』の真っ最中です。

 

ファスティング、あなたはご存知ですか?

 

一定期間、食事をとらずに過ごすという、

いわゆる“断食”のことですね。

 

食べないことによる体重減少だけを

目的としている訳ではなく、

様々な効能があると言われています。

 

私は体脂肪を減らす目的もあったのですが、

 

・疲れやすい気がする

・脳の働きが悪い気がする

35歳になり体臭もどうなんだろう…

 ※臭いって言われた訳じゃありません

 

こんな悩みを抱えていた時に

ファスティングがこれらの問題をクリアに

してくれる効果があると知人から聞き、

 

「よし!それなら自分もやってみよう!」

ということで始めることにしました。

 

期間はすべての工程で7日間。

 

最初の2日は野菜やワカメ、玄米などしか

食べることができない『準備食期間』。

※ここで腸内環境を整えるみたいです。

 

そしてそこから3日間が『断食期間』。

 

酵素ドリンクを水で割ったものを2時間毎

に飲みますが、これしか口にできません。

 

この3日間、『飲む』という作業はしますが

『噛む』という作業とは無縁になります(涙

※ちなみに記事を書いている今は

この断食3日目の終盤になります。

 

最後の2日間が胃腸に負担をかけない

おかゆなどを食べる『回復食期間』。

 

トータルで一週間なのですが、

このペースでいけば失敗せずに

ファスティングを完了できそうです。

 

 

断食って辛くないの?

 

3日間も食べないなんて私には無理!」

あなたもそう思っているかもしれませんね。

 

私も始める前にはそう思っていました。

 

禁欲生活、ストイック、強い意志を持って

望まなければ失敗してしまうだろう、と。

 

できるだけ食べ物は見ないようにしよう…

できるだけ早く寝るようにしよう…

お腹空いている状態で寝れるかな…

食べるのが大好きな自分になんて無理…

 

などなど、始める前には色々な不安を

感じていました。

 

たぶんファスティングをする多くの人が

私と同じ思考になると思います。

 

しかし・・・

 

私はある言葉を聞いて

「それなら絶対に大丈夫だ!」

と思い、やってやる!と決心しました。

 

その言葉とは、

 

 

成功率96%!

 

これです。

 

成功率96%、つまり失敗率4%

 

25人いたら24人が成功している!

25人中、1人しか失敗しない!

 

これを聞いた時に素直に

「その1人に自分がなる訳がない!」

こう思いましたね。

 

単純に25人中の1人になる訳がない

という気持ちもありましたし、

 

「失敗率4%の中に入ってたまるか!」と

“絶対に負けられない戦い”と考えれば

根性で何とかなるだろうとも思いました。

 

結果、断食期間を無事終えられそうです。

 

※実際のところ、断食期間はそんなに

辛いものではありませんでした。

 

何でもいいから食べたい・・・

って感覚にもなりませんでしたね。

 

正直、酵素ドリンクさえあれば、

ずっと続けていける感覚すらあります。

 

とはいえ、食べる楽しみ、

お酒を飲む楽しみも欲しいので

まずは1週間で終えたいと思います。

 

 

成功率96.42%!の住宅購入

 

さて、ここから家の話になりますが

住宅購入で成功する割合は96.42%

言われています。

 

逆に言えば、失敗する確率は

わずか『3.58%』です。

 

ここでいう成功と失敗の定義ですが、

 

『成功』→96.42%

住宅ローンを最後まで払うことができた

 

『失敗』→3.58%

将来的に住宅ローンを支払うことが

できなくなり、途中で家を売らないと

いけなくなってしまった

 

ことを指します。

 

28組中、27組は住宅ローンを全て払い、

その後もその家に住み続けることが

できるのですが、

 

一方、28組に1組は住宅ローンの支払いが

厳しくなり、泣く泣くマイホームを

手放さざるを得ない状況になっている。

 

28分の1』と考えると

「自分が失敗するわけがない!」

と思う人が多そうですよね。

 

ファスティングをする時の私よりも

成功率が高いわけですから気持ちは

わかります。

 

 

今後、確実に失敗率が上がります

 

しかしこの事実に対し、

私から伝えたいこととして

 

現状、家を手放すまではいかないものの、

『家を買ったせいで生活水準を

落とさなければならなくなった家庭』

が最低でも30%はいるだろうということ。

 

そして今後は、住宅ローンを払えなくなり

家を手放さないといけない家庭がさらに

増えるだろうということです。

 

これには明確な理由があります。それは、

 

数年前まではある程度、自己資金を持って

いないと住宅ローン審査が通らなかったり、

 

土地、建物以外の『諸経費』といわれる

部分についてはローンの対象外だった

銀行がほとんどでした。

 

つまり、そこそこ頭金(貯金)がないと

マイホームなんて購入することができない

世の中だったんです。

 

それに対して今は

 

・頭金0円、貯金0円でもローンが組める

・審査基準がゆるく、多く借りれる

・もちろん諸経費だって融資OK

・なんなら家具、家電、引っ越し代まで

 ローンで組めますよ!

 

こんな状況なんですね。

 

昔よりお金がなくても住宅ローンを

より多く組むことができるのですから、

支払いが厳しくなるのは必然でしょう。

 

金利が低いため、銀行もできるだけ多くの

お金を貸したいと考えているでしょうし、

 

ハウスメーカーの営業マンも

「今は自己資金なくても家が買えますよ!」

っていう悪魔の言葉でセールスしてきます。

 

 

売ってチャラになれば良いが・・・

 

この時代の流れに単純に乗ってしまうのは

とても怖いことなんです。

 

おそらく15年~20年後の住宅市場は

住宅ローンを払えなくなった人が

泣く泣く家を売らないといけなくなり、

 

中古物件がやたらと出回る状況に

なるのではないかと予想しています。

 

売ってローンがなくなれば良いですが、

売っても残りのすべてのローンの支払いが

払いきれない(高く売れない)と、

 

賃貸住宅の家賃を払いつつ、

売った後の住宅ローンを払っていくという

厳しい状況になってしまうかもしれません。

 

供給過多ですからね、高く売れるだろうと

思うのは楽観的な考え方すぎますよ。

 

 

・・・・・・

 

私のファスティングは極短い期間でしたし、

精神論だけでなんとか失敗を防ぐことが

できるチャレンジだったと思います。

 

仮に4%に該当して失敗したとしても

「次、また頑張ればいいや!」

で済むことですしね。

 

しかし、マイホームを購入してから

「何とかなる」「気合で頑張る」

というチャレンジ精神は通じません。

 

是非とも、幸せな人生、生活を長くに

渡って過ごしていく為に、

 

適正な住宅購入金額を見極め、

将来的な資金計画をしてから

家を買うようにしてほしいのです。

 

p.s

 

ちなみにファスティング5日目の

現時点での状況報告としては、

 

体重はスタート時よりも約3kgマイナス、

頭の回転はやや良好な感じです。

 

長時間パソコンに向かっても脳が疲れる

感覚も今のところありません。

 

あとは今朝の目覚めも良かったような?

 

なかなか良い結果になりそうです!

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************