札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > あなたは今、家を買うべきではない

あなたは今、家を買うべきではない

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

結論から言いましょう。

 

『マイホームはできるだけ早く買うべき』

 

これが住宅購入専門のファイナンシャル

プランナーである私の考えです。

 

理由はできるだけ『早く』、つまり、

できるだけ『若い時』からローンの

支払いをスタートさせることにより、

 

『定年退職前にローンの完済ができる』

可能性が高くなるからです。

 

20代より30代、30代よりも40代の方が

一般的には年収は高い傾向にあるものの、

 

実は、お金を稼ぐことができる期間が

長い方が安定して返済をしていけるのです。

 

さらに定年後、安定した収入がなくなると

賃貸アパートの契約ができなくなるリスク

もあると言われています。

 

仮に賃貸マンションや賃貸アパートに

ずっと住んでいることができるとしても、

すっと家賃を払い続けなければなりません。

 

賃貸vs持ち家

 

この事から、できるだけ早くマイホームを

購入し、退職後に住宅費用がかからないと

いう状況にしておけると良いですね。

 

・・・と、いうのが私の考えです。

 

しかし私は・・・

 

 

マイホームを買ってません!

 

そうなんです、私は家を買ってません。

 

「おいおい、説得力がないじゃないか?」

とは思わないでくださいね。

 

なぜなら、私は

 

・独身

・地下鉄沿線の実家がもらえる可能性大

・家を建てるなら未来の嫁さんと一緒に

 楽しみながら家づくりがしたい

・札幌にずっといるかわからない

 

という背景や考えを持っているからです。

 

私だけではなく、人にはそれぞれ様々な

背景がある為、状況次第では必ずしも

家を買うべきではない人もいるのです。

 

今回のお役立ち情報では、具体的に

「どんな人は家を買うべきではないのか?」

5つの項目をご紹介していきますね。

 

 

1.家賃がかからない

 

例えば・・・

現在、社宅に住んでおり、

ほとんど家賃を払っていない人。

 

または、社宅ではないものの給与の手当で

家賃補助がかなり出ており、マイホームを

購入するとその手当がゼロになる人。

 

このような方々は急いで家を購入する

必要がないかもしれません。

 

家賃がかからない、または家賃分多く給料

がもらえているうちにできるだけ貯蓄をし、

 

子どもが自立をした後に夫婦二人、

ゆっくりと住むことができる家を建てたり、

 

貯めたお金を元に、その時に住みたい場所

を賃貸で借り続ける選択肢もあります。

 

『人生100年時代』ですし、

その期間ずーーーーっと家賃を

払い続けるのであればマイホームを

購入した方がお得になるものの、

 

ある程度の期間、住宅費用がかからない

状況であれば、どちらがお得なのか試算を

してみることをお勧めします。

 

 

2.実家が貰えるかもしれない

 

先に私の例で触れましたが、

今後、実家がもらえる可能性がある場合は、

購入を検討する必要がありそうです。

 

近い将来、もらえそうな資産があるにも

関わらず、新たな資産=マイホーム購入を

する必要性は低いですよね。

 

もちろん自分で土地を買い、新築を建て、

実家を売却をして現金化するという

選択肢もあるのですが、

 

実家の立地がすこぶる良い場所で

「こんな場所、買いたくても買えない」

ということもあったり、その逆で

 

なかなか売りたくても希望の金額で売る

ことができない不動産も中にはあります。

 

また、新しい家に住みたいとしても、

新築を建てるよりリフォームや

リノベーションする方がコストも安く

済ませることができますからね。

 

 

3.家族の構成に変化がありそう

 

既に結婚をしており、子供が一人いるが

今後、もう一人くらい欲しいな・・・

と、いう状況で家を買う方は多いです。

 

この場合、ある程度、必要な部屋の

『数』や『広さ』は把握できますよね。

 

4人家族でも狭くないリビング、

4人掛けのダイニングテーブルを置ける

スペース、そして寝室、子供室×2・・・

 

しかし、私のように現在まだ独身で将来、

子どもを何人産むかわからないような方は

家づくりを焦る必要はないかと思います。

 

将来の家族計画が見えてきた時に

どのような暮らし方をしたいかを明確にし、

そこから家づくりをスタートしても

まったく遅くはありません。

 

また、全国転勤がある会社にお勤めで、

転勤の辞令が出た際には単身赴任をするか

しないか、まだ迷っている方も同様です。

 

子どもの教育を考えて、拠点を構える覚悟

ができた時に家を購入すれば良いと私は

考えています。

 

 

4.今後の収入が不安定である

 

「転職がしたくてたまらない…」

「残業代と歩合給の割合が高く、不安定…」

「いずれ独立して、事業を起こしたい!」

 

このように今後の収入がかなり大きなブレ

がありそうな場合は、焦って家を購入する

のを待つべきかもしれません。

 

マイホームが賃貸マンション、アパートと

比較し圧倒的に違うものは何かというと、

 

『家賃の金額をコントロールできない』

ことです。

 

賃貸マンション・アパートの場合、

収入の増減に伴い、

 

「もう少し家賃の低いところに引越そうか」

「車を一台手放して、駐車場解約する?」

 

といった選択をすることも可能です。

 

しかし、マイホームの場合、一度購入して

しまうと支払い金額を自分でコントロール

することが非常に難しくなります。

 

この為、収入が不安定になる可能性が

あるなら、マイホーム購入を焦らずに、

仕事や収入について冷静に考え直して

みる必要がありますね。

 

 

5.家計が購入できる状況にない

 

一番大切なのは、そもそも

『家を購入できる家計状況なのか?』

ということです。

 

賃貸アパート住まいの現時点で、家計が

明らかにマイナスになっているようなら

これは完全に買ってはいけない状況ですね。

 

また、今は何とか毎月数万円を貯金できて

いたとしても、マイホームを購入した後も

それができるとは限りません。

 

なぜなら、マイホームを購入した後の方が

生活費が多くなるのが明らかだからです。

 

水道光熱費は家が大きくなった分、

余計にかかるようになるのが一般的ですし、

 

固定資産税や修繕費用といったマイホーム

特有の固定費もかかるようになります。

 

さらに子どもも中学生、高校生、大学生と

なるにつれ、多くの学費がかかるように

なってきます。

 

ご飯を食べる量が多くなり食費がかさみ、

携帯電話を持たせなければならず、

お小遣いも数千円をあげるようになれば…

 

それだけで家計は火の車になってしまう

恐れがありますね。

 

なので、やはり最重要、大前提なのは

『家を購入して問題ない家計なのか?』

 

ここに尽きるのです。

 

 

・・・・・・

 

冒頭で触れたように私の基本的な考えは

「マイホームはできるだけ早く買うべき」

なのですが、状況によっては全く違う

アドバイスをすることも出てきます。

 

それはお金の事だけではなく、その家族の

背景にある状況や考えに基づくものです。

 

家が欲しい!と熱くなっている人は今一度、

冷静になって自分は家を建てるべきなのか

考え直してみてください。

 

そこで導き出された答えがあなたの人生を

変えると言っても過言ではありません。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************