札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 激安!で家を建てられる怖いワケ

激安!で家を建てられる怖いワケ

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

早速ですがこちらの写真をご覧ください。

 

アンカー

ペットボトル

ボロボロ

 

わかりますか?

 

これは木造住宅の『基礎』になります。

 

鉄筋を組み、型枠をつけ、コンクリートを

流し込み、固まったら型枠を外す。

 

この工程を進めると写真のような

木造住宅の基礎が完成するのですが・・・

 

ぶっちゃけ言葉を選ばずにいうと、

この基礎は私が今まで見てきた中で

“最低”です。

 

写真では見えませんが釘や型枠のカケラ、

折られた鉄筋などの廃棄物はもちろん、

 

飲み終えたペットボトルなどのゴミが

捨てっぱなし・・・

 

基礎と木造部分を接続するアンカーボルト

は極端に折れ曲がり、基礎の中心からも

ずれている状態。

 

パッと見ただけでわかる程、ボロボロに

欠けているコンクリートはお世辞にも

しっかりとした基礎とは言えません。

 

たまたま車を運転していた中で何気なく

目についた工事現場だったのですが、

 

運転中に車内からでもわかる程、

“ひどい基礎”だったので、

 

車をUターンさせ敷地の外から

じっくり見させてもらいました。

 

ちょうどお盆期間中ということもあり

業者さんはおりませんでしたが、

長期間不在にする現場の管理としては

どうなんだろうと思ってしまう程でした。

 

ただ、これも仕方ないんですよね。

こうならざるを得ない理由がありますから。

 

 

とにかく工事費を安くしろ!

 

この家は『建売住宅』です。

 

不動産、住宅会社が土地を買い、家を建て、

「この物件を○○○○万円で売りますよ!」

っていうものです。

 

建売住宅のメリットとしては、

 

・完成した物件の間取りや日当たりなど、

直接実物を見てから購入できる

 

・既に完成しているので、買いたい!と

思ったら割とすぐに購入できる

 

などがあげられますが、中でも

 

『注文住宅と比べ、圧倒的に価格が安い!』

 

これを一番のメリットとして建売住宅を

選択肢とされる方が多いかなと思います。

 

家の間取りにあまりこだわりがなく、

家にお金をかけたくないというニーズには

とても合う商品なのかもしれません。

 

例えば、注文住宅の場合、

3,500万円するような物件が、

 

建売なら3,000万円、場合によっては

2,900万円前後で購入することができます。

 

この価格は魅力的ですよね。

 

でもなぜ、注文住宅と比べて

『圧倒的に価格が安いのか?』

をあなたは考えたことがありますか?

 

これはあなたが想像している通り、

「使っているものが安いから」

という答えでほぼ間違いありません。

 

もちろん、注文住宅と比べて

・打合せの時間や人件費を削減できる

・大量発注、大量生産による原価圧縮

・その分、利益率が低い

ということも一部あるものの、

 

やはり一番の理由は“安いもの”を

使っているからなんですね。

 

床、扉、断熱材、ボイラー、キッチン、

お風呂、洗面台、外壁、屋根、基礎・・・

 

その他にも家を作るためには、

何千、何万もの部材を使っていきますから、

 

それら一つ一つのコストを落とせば、

おのずと全体のコスト圧縮につながります。

 

さらに、部材コスト圧縮は当然ですが、

それ以上に工事費を抑える秘策があります。

 

それが、

 

 

職人の人件費を抑える

 

これです。

 

家は部品があれば完成するものでは

ありません。

 

建ててくれるのは『人』ですよね。

 

・基礎屋さん

・大工さん

・屋根の板金屋さん

・給排水設備屋さん

・電気工事屋さん

・塗装屋さん

・完成後の清掃屋さん

 

さらには、基礎屋さんといっても

・土地を掘り返す人

・型枠を組む人

・鉄筋を組む人

・コンクリートを流し込む人

などなど、多くの人が関わっています。

 

家を建てる為には、これらの方の人件費が

材料費と同じくらいかかっているんですね。

 

これらの人件費を削減することで

工事費用は圧倒的に安くなります。

 

一日当たり15,000円払う日当を

10,000円にすることができれば

人件費を約3割もカットできますし、

 

また、通常3か月(90日間)かかる

工事期間を2か月(60日間)に圧縮しても

かかる人件費は約3割カットできます。

 

このようにして人件費をできるだけ

圧縮させようとするのです。

 

 

職人の立場で考えてみてください

 

さて、

「通常なら15,000円もらえるのに、

この仕事では10,000円しかもらえない…」

 

と、なった時の“職人さんの気持ち”を

考えてみてください。

 

・・・やる気、出ませんよね?(笑

 

あなたが月収30万円あったとして、

「今月は20万円しか払わないから」

と言われたとしたら、

 

確実にモチベーションは下がるでしょうし、

仕事に身が入らないのではないでしょうか。

 

また、通常3か月の納期がある仕事を

「お給料はいつも通り払うけど、

急ぎなので2か月でやって」

って言われたらどうでしょう?

 

「マジ無理!」

「いや、やれって言われればやるけど…

その変わりクオリティは保証しませんよ?」

 

ってなりませか?

 

私はできた人間ではありませんので、

そう思ってしまいます。

 

冒頭の基礎工事の写真に戻りますと、

 

この“雑な工事”も決してほめられた

ものではありませんが、

 

そういった裏事情があることを

理解できれば、私は納得できます。

 

 

何を求めるか?です

 

今日のお役立ち情報で伝えたいことは

「建売は安かろう悪かろうだからダメ」

っていうことではありません。

 

安いものにはそれなりの理由があり、

それを知ったうえで自分が何を選択する

のかを考えてくださいということです。

 

“雑な基礎”ですが一応、作り方としては

建築基準法をクリアした基礎工事です。

 

「建築基準法をクリアしているなら

倒壊することはないでしょ!」

っていう考えの人もいると思いますし、

 

「とは言っても、一生に一度の買い物で

この作りは嫌だから、少し高くなっても

しっかりとした工事をしてもらいたい」

 

と思うかは個人の価値観次第ですよね。

 

私も無農薬野菜や国内生産の牛肉など

「食の安全」については興味はあるものの、

 

「とは言っても、農薬野菜や海外のものを

食べても死なないでしょ??」

ってことで、安い海外のお肉を買ったり

するわけで・・・

 

本質は同じだと思います。

 

ただ、

「その事実を知って買う」のと

「知らないで買う」のとでは、

天と地ほどの違いがあると思います。

 

是非、一生に一度の住宅購入ですから、

そのあたりも理解した上で最良の選択を

してもらいたいなと感じた現場でした。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************