札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 無料のFPに相談する怖さ

無料のFPに相談する怖さ

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

まずはこちらの図をご覧ください。

 

キャッシュフロー 

 

これは私が作成した札幌市Kさんの

あんしんマイホーム資金計画書の一部です。

 

貯蓄残高の推移を表しているのですが、

水色は貯蓄できている状態。

 

一方、紫色は貯蓄がマイナス、つまり、

家計が破たんしている状態を表します。

 

Kさんの貯蓄残高推移を見ると

住宅購入の“直後”は問題ないものの、

 

奥様が子どもを出産して仕事を辞める

数年後には家計が完全に赤字になり、

ものの数年で貯蓄も尽きてしまう状況。

 

Kさんご夫婦は、ご主人の収入が札幌で

考えるとかなりの高所得者で、

 

奥様も今は正社員で働かれており、

世帯収入は1,000万円を越えています。

 

しかし、それに比例して“支出”も多い。

 

生活費、お小遣い、使途不明金も多い。

 

住居にかける費用も当然高くなり、

通勤に便利な地下鉄徒歩圏エリアで、

大手のハウスメーカーの家を建てるらしく

住宅購入費は5,000万円を超えるそうです。

 

この5,000万円を超える住宅を購入しても

問題ないのか?を診断しましたところ、

冒頭のような診断結果となりました。

 

私は結論として

「このままでは買ってはいけませんよ」

という旨を説明した訳ですが、

 

ここでKさんからある事を言われました。

 

 

やっぱり診断結果が全然違う…

 

Kさんは以前、その大手ハウスメーカーが

提携するファイナンシャルプランナーに

 

『購入できるか?』のシミュレーションを

作成してもらったそうです。

 

私の診断とは真逆の結果が出ていたそうで、

そのファイナンシャルプランナーに

Kさんはこんなことを言われたそうです。

 

「全然問題なしですよ!」

5,000万でも1億でも2億でも買えます」

「私なら1億円の家にしますよ!」

 

どうやったらそんなシミュレーションに

なるのかが私には到底理解できませんが、

 

実はこういったシミュレーションは

作る側の意図で“どんなふうにでも”

未来を変えることができます。

 

例えば、

・収入の推移を楽観的に考える

・生活費を著しく少なく見積もる

・住宅のメンテナンス費用を含まない

・老後にかかるお金を減らす

など、本当に“どうにでもなる”のです。

 

私はこのあたりも初回の面談時に

お客様とすり合わせてシミュレーションを

作成するのですが、

 

その生活水準では、住宅購入が難しいのが

明確なのに、1億円の家でも買って良いと

いう回答は信じられませんでした。

 

当然、Kさんも胡散臭いと感じたようで

私のところへ相談に来たそうですが、

こんなことをしている人がいると思うと

本当に腹立たしくて仕方ありませんよ。

 

 

無料相談で有益な情報は取れない

 

結局、無料相談には限界があります。

 

『なぜ、無料で相談に乗れるのか?』

を考えた時に、この手のFP

 

・無料で相談に乗り、そこから生命保険や

 他の金融商品の契約に結び付けたい

 

・ハウスメーカーに相談料をもらっており、

 ハウスメーカーが有利になるような

 相談結果に仕向けていく

 

今回の場合は明らかに後者だと推測され、

完全に裏で“癒着”しているのが

目に浮かびます。

 

ハウスメーカーの営業マンから

「できるだけ高い金額の家を売りたいから

いつも通り、上手くやってね」

みたいな感じで言われているのでしょう。

 

そのFPにとってお客様は

『これから家を買う人たち』ではなく、

 

『お金を払ってくれるハウスメーカー』

ですから、当然お客様(ハウスメーカー)

が有利な結果にしようとする訳です。

 

 

無料相談をして大きな損をする

 

確かに有料よりも無料の方が嬉しい・・・

何事もそうですよね。

 

私だって、できることなら何事にも

“極力お金を払いたくない派”でした。

 

ただ、ここ数年は考え方がガラッと変わり、

「無料サービスの引き換えに失うもの」

を徹底的に考えるようになりました。

 

また、たとえ有料だったとしても、

支払った金額以上のリターンが得れるなら

喜んでお金を払うということを覚えました。

 

先の例で話をすると、

 

・相談料は無料、しかし許容範囲以上の

 高額な家を購入することになった

 →つまり数千万円の損失の可能性

 

10万円の有料相談をしたが、その結果、

 無駄な資金を住宅購入に充てずに済み、

 結果、100万円以上のリターンを得た

 

これなら喜んで10万円払いますっていう

ことですね。

 

あなたならどちらが良いですか?

 

 

正直に言うとバッシングされる?

 

ちなみに、私はハウスメーカーからの

診断依頼は受け付けていません。

 

正直にお客さんに伝えたいことを

正直に伝えられなくなるからですね。

 

さらに、今回のKさんのように

既にハウスメーカーと打合せをしており、

 

「この金額、買えますか?」

という相談にも基本的に乗れません。

 

理由は色々あるものの、

 

『お客様に正直に買ってはいけませんと

伝えたらハウスメーカーから営業妨害だ

とクレームを入れられたことがある』

 

『お客様も実際には「買えますよ」と

言ってほしい、背中を押してほしいと

思って相談に来ている方が多く、その方に

「買うのをやめた方が良い」という現実を

突きつけるのはかなりのエネルギーを使う』

 

この二つが大きな理由です。

 

開業1年目は社会貢献的な意味合いもあり、

こういったお客様の診断も受けていました。

 

しかし、やっていくうちに上記のような

ハウスメーカーからのクレームを入れられ、

 

正直に「その予算は無理」と伝えた方には

不愉快マックスな対応をされ、

自分の心が擦り減ってしまいました。

 

そんなクレームを入れられたり、

不愉快な対応をされるくらいなら、

既に話が進んでいる方の相談は受けない

ことにしようと決めたわけです。

 

ちなみにKさんは私のお客様からの

ご紹介でどうしてもということでしたので

引き受けさせて頂きました。

 

 

まずは適正な予算の診断から

 

HPにも記載していますが、

やはり住宅購入を考えた時に

 

・土地を探し、

・住宅会社を探し、

・資金計画をする

 

という順序、流れで進めている方を

多く見かけます。

 

しかし、これは順序が完全に逆で

 

・適正な住宅購入予算を見極め

・その中で建てられる家

・予算に合う土地を探す

 

これが正しい順序になります。

 

この順序を守ることができれば、

家づくりの途中で資金的な不安に襲われる

こともなくなり、楽しく家づくりを

進めていくことができます。

 

新居での生活がスタートしても

不安のない暮らしができるでしょう。

 

多くの方が抱えている問題が“お金”です。

 

この問題を“本当の意味”でクリアに

できれば、家づくりも日々の生活も

より楽しいものにしていけるのでは

ないかと私は思います。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************