札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 時代は「無料相談」から『有料相談』へ

時代は「無料相談」から『有料相談』へ

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

Nさん:「今日の相談料、いくらですか?」

 

新松:「いや、いらないですよ」

 

Nさん:「いや、それは悪いですよ」

 

新松:「いえ、いいんです。今日は最初から

もらうつもりなかったので、大丈夫です」

 

・・・・・・

 

私は適正なマイホーム購入金額を診断する

あんしんマイホーム資金計画書サービスを

5,500円(税込)で提供しているのですが、

 

その他にも、年に数組限定で

・マイホーム購入コンサルティング

・住宅ローンの選定コンサルティング

こういったサービスもしています。

 

これは5,500円(税込)の資金計画書とは

別で料金がかかり、そこまで安い金額では

ありませんが、

 

サービスを受けていただいた方からは

とても高評価をいただいており、

 

家を建てた後も、よいお付き合いが

できていると感じています。

 

冒頭のやりとりは、このマイホーム購入

コンサルを3年前に受けていただいた

Nさんとのやりとり。

 

Nさんは、住宅ローンの借換えについて

相談したいということで事務所にお越し

いただき、アドバイスをしましたが、

その際に料金はいただきませんでした。

 

Nさんからは、

 

「新松さんの時間を使ってしまったし、

私もメリットある提案をしてもらえたから

それ相応の料金はお支払いしますよ」

 

とありがたい言葉もいただいたのですが、

この日は本当に相談料をもらうつもりが

なかったので、気持ちだけいただきました。

お土産のどらやきと共に

 

 

ただの良い人なのか?

 

この話を聞いたあなたは、私に対して、

どのような印象を持つでしょう?

 

●無料で相談に乗ってくれる良い人!

●何かウラがあるのでは?

●タダなら私も相談に乗って欲しい!

 

想像するに、こんな感じでしょうか。

 

どう感じてもらっても構わないのですが、

結論、私はそんな良い人ではありません。

 

私が今回の相談料をいただかなかったのは

3年前にNさんから安くはない相談料を

既に払っていただいているからです。

 

確かにマイホームが完成し、一旦、

コンサルティングは完了しているのですが、

 

今でも頼りにしてくれているのが伝わるし、

3年前に大変お世話になっていますので。

 

私もこの仕事をする上で、

「相談料の10倍、リターンを提供する!」

という気持ちでお仕事を引き受けており、

 

頼ってくれるNさんのお役に立ちたいと

いう気持ちが強く、今回はお金をもらう

必要性を感じませんでした。

 

Nさんには、料金や信頼を与えてもらって

いますし、それに対して私も情報をお返し

しているというWIN-WINな状態です。

 

 

無料の範囲で教えて

 

一方で、

「無料の範囲で・・・」

「話せる範囲で・・・」

と、色々と聞きたがる人もいます。

 

その気持ちは、とても理解できます。

 

料金を払わずに、できるだけ価値のある

情報を取り入れたいですよね。

 

ただ、当然ながらこういった方々には

絶対に「無料の範囲の話」しかしません。

いじわる

 

私が無料で何でも話してしまうと、

私を信じて有料相談をお願いしてくれた

ご家族にも申し訳ないですし、

 

何より私が無料で有益な情報を教えても、

私に見返り(メリット)がありませんので。

 

まぁ無料で相談に乗ってもいいのですが、

それなら私も相手にバレないようにお金を

儲ける仕組みを考えないといけません。

 

必要ない保険を売って手数料を得たり、

紹介料をガッポリくれるハウスメーカーを

紹介して高額な家を建てさせたり…です。

 

しかし、私はそんなことやりたくない。

そういう仕事を詐欺だと思っている

 

結果、お客さんから相談料をいただくのが

一番WIN-WINになるんですよね。

 

 

時代は有料相談へ

 

「相談料という目に見えないサービスに

お金を払う日本人(北海道民)は少ない」

 

私が有料相談をメインとする当事務所を

開業する前に、多くの人からこんなことを

言われたものです。

 

これはその通りで、現状の日本人では、

どちらかと言えば有料相談をしようと

考えられる人は少数派だと思います。

 

ネットやYouTubeで情報を得られる他、

・保険の無料相談

・FPの無料相談

・住宅の無料相談所

こういったサービスが世の中に溢れて

いますからね。

 

消費者は、

「なぜ無料で相談に乗ってくれるのか?」

までは細かく考えませんし、

 

「無料で相談することによるデメリット」

について考える人は、本当に極少数です。

 

前述の通り、無料相談ができる理由は、

その後にある保険や商品販売をするために

しているからであり、

 

その商品を購入することでどれだけ無駄な

支出をしているか、消費者はわかりません。

 

ただ最近では、ネットやSNSのおかげで

「実は無料相談にはデメリットが多い」

ということも広まってきているようです。

 

その結果、個人的にはここ3年~5年で

「お金を払って(有料で)相談をする」

という文化が一般化されると思っています。

 

私もYouTubeなどでビジネス系の動画を

よく見ますし、本当に無料でこんな情報を

得られるなんてスゴイ時代だなと感じます。

 

ただ一方で、ゴミのような間違った情報、

フワっとして結論がよくわからない情報。

 

あえて視聴者を間違いに誘導するような

情報が溢れているのも事実です。

 

私もお役立ち情報を書いていて思いますが、

 

不特定多数の人が見る情報は、

不特定多数の人が見る前提で

書かないといけません。

 

故に、自分に合った情報と合わない情報が

世の中には混在しているんですね。

 

「正しい情報・間違った情報」

「自分たちにとってベストな情報」

 

これらをしっかり取捨選択がすること、

取捨選択”できること”が大切な時代です。

 

その一つの手段として有料相談という形が

一般消費者にも浸透する社会がもうすぐ

来ると、私は思っています。

 

このことに今から耐性を整えておくことも

これからの時代を生きていく上で大切だな

と本当に思います。

 

あなたが今後損をしないためにも、

頭の片隅に入れておいてほしいですね。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め10,000円(税込)にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************