札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 『無料相談』は、あなたの家計を破綻させる罠

『無料相談』は、あなたの家計を破綻させる罠

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

「4,000万円くらいまで住宅ローンを

組んでも、全然問題ないですよ!」

 

って無料相談会で他のFPさんに

言われたんですけど、本当ですかね??

 

・・・・・・

 

私が先日、相談者様から聞かれた質問です。

 

無料相談会とは、

●住宅展示場などで行っている

●住宅会社が主催になって開催する

●無料で!タダで!0円で!

●ファイナンシャルプランナー(FP)に

●お金やローンの事を相談できる

イベントのことです。

 

無料!タダ!0円!

 

「相談料を払わなくても相談が可能なので、

 やった方がお得ですよ!」

「あなたが失うものは何もありません!」

「だって、無料!タダ!0円!なんだから!」

 

さて・・・

これについて、あなたはどう思いますか?

 

やっぱり無料は嬉しいと思いますよね?

 

ただ・・・

なぜ無料で相談受けてくれるんですかね?

その相談員のお給料はどこから

捻出されているのでしょう??

 

 

【無料で相談できるカラクリ①】

 

結論、無料で相談ができる仕組みの裏側は

2つの方法しかありません。

 

ひとつは『保険や投資商品』に加入した時

に営業マンに支払われる契約手数料です。

 

これは主に「保険屋さん」であるFP

使っているビジネスモデルですね。

 

無料で相談に乗り、その流れで

現在加入している保険を切り替えさせたり、

新たに別の保険に加入させることで、

手数料収入が発生する。

 

逆を言えば、保険契約が発生しないと、

そのFPはタダで働いたことになります。

 

その為、何とかして保険の契約に結び

つけられないだろうかと、あなたのことを

見ているでしょう。

 

この『保険契約が目当て』になってしまう

FPに真実を教えてもらえるでしょうか?

 

正直、私なら心配になってしまいますね。

 

保険に入らないといけないような

“ウソのライフプラン”を提示される

可能性もありますし、

 

住宅ローンの選定もベストなものではなく、

フラット35という団体信用生命保険が

民間の生命保険で代替できるものを

勧められ、新規保険契約につなげられる

可能性もありますからね。

 

 

【無料で相談できるカラクリ②】

 

そしてもうひとつは、

『主催者=ハウスメーカー』などから

お金をもらっている場合です。

 

「今日のイベント、3万円払うので

無料で相談を受けてくれませんか?」

 

と、主催者に依頼されたFPがお客様から

料金を頂かず、無料で相談に乗るパターン。

 

しっかりとお金をもらえているから、

中立公平な相談に乗ってくれる・・・

 

でしょうか??

 

このケースだと保険の契約を無理に迫って

くる可能性は低くなると思います。

 

しかし、主催者からお金をもらっている

ということは、そのFPのお客様は、

「家を買う人」ではなく、

「主催者=ハウスメーカー」になります。

 

その為、予算的に厳しい人や、正直言って

家を購入するのが厳しい…と思う人にも、

 

「家を買っても大丈夫ですよ!」

 

(本当は3,000万くらいが妥当だけど…)

「予算は4,000万円までOKですよ!」

 

と、いったアドバイスをせざるを得ない

状況、立ち位置になるのです。

 

どちらにせよ、無料相談はあなたの家計を

破綻させる罠になる可能性大です。

 

『タダより高いものはない』

の典型的なパターンですね・・・

 

 

【有料相談のメリットとは??】

 

私は、この将来に渡って破綻しない

住宅購入の予算を診断するサービスを

5,400円(税込)で行っています。

 

あえて有料にしている理由を言うと・・・

 

しっかりとお金を払ってもらうことで、

・私にも『超』責任感が出ます

・相談者さんも真剣になってほしい

という意味を込めて、お金を頂いてます。

 

少し生々しい話になるのですが、

お金の力は本当に“もの凄く”て、

 

どんなに仲のよい友人や先輩の相談よりも

しっかりとお金を払ってくれた方の相談を

優先する気持ちが生まれます。

 

『有料=仕事(責任発生)』ですが、

『無料=空き時間にすること(サービス)』

と、いった感覚になってしまうのです。

 

これは私だけではなく、相談をしてくれる

方にもメリットがあります。

 

そのメリットとは、有料相談は無料相談と

比べ、『真剣さ』が増すことです。

 

「せっかくお金を払ったんだから、

元を取らないともったいないよね!」

こういった心理が働くようになります。

 

例えば、自己啓発の本を読もうとした時、

・友達からタダで借りた本

・自分で5,000円払って買った本

どちらの方が真剣に最後まで読み、今後の

生活に活かそうと思えるでしょうか?

 

きっと、後者の方ですよね。

 

だからこそ、私はお金を払ってもらう事で

お互いにWIN-WINとなれるこの方法で

相談を受けています。

 

 

【キャンペーンを実施しています】

 

私の事務所で行っている

『あんしんマイホーム資金計画書』

の作成サービスとは、

 

マイホームを購入する前に、自分達の

適切な購入予算を知ることができる

資金計画書を作成するサービスです。

 

予算を検討する時に、多くの人は

『年収』や『貯金』、『現在の家賃』、

『銀行がいくらなら貸してくれるか』

だけで判断し金額を決めてしまっています。

 

しかし・・・

 

収入は同じでも、支出、つまり使うお金は

その家庭ごとにバラバラです。

 

将来の支出額も現在のものと同じとは

限りません。

 

子どもがいない家庭と、子どもが3人いる

家庭では使うお金は変わりますよね!?

 

だからこそ、将来に渡って住宅ローンの

返済がしていける金額を家を購入前に

知っておくのはとても大切なのです。

 

現在、228日まで申込をしてくれた方

限定で、通常5,400円(税込)を

2,700円(税込)にてサービスしています。

 

キャンペーンの申込はこちらから

 

実は、このキャンペーンをする

明確な理由があります。

 

それは、家を購入する前にはしっかりと

『ファイナンシャルプランナー(FP)』

にお金を払って予算を診断してもらう

という文化を広めて行きたいからです。

 

せっかく買ったマイホームのせいで、

購入後の生活水準が下がり、旅行や外食に

行く事ができず、結果、楽しくない生活を

送ることになってほしくありません。

 

そういった家族を減らしたいのです。

 

そしてその文化を広めていく為に、

2,700円(税込)にする条件を

付けさせて頂きました。

 

それはこのサービスを受けた感想を

「お客様の声」として作成することに

協力して頂けることです。

 

残念ながら、私が100回、このサービスが

良いものですよと言うより、

 

実際にサービスを受けてくれた方が1回、

「このサービスは受けた方が良いです」

と、言ってくれた方が、多くの人の心に

響くんですよね。

 

もちろん、サービスを受けた結果、

「あまりオススメできるサービスではない」

と、感じた方に無理にお客様の声を書いて

頂くことはありませんからね。

 

申込期限は、228日(火)です。

 

期間内にこちらからお申込み頂ければ、

キャンペーンの対象とさせて頂きます。

↓↓

お申込みはこちらから

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************