札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 値上がりし続けるマイホーム購入価格

値上がりし続けるマイホーム購入価格

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

先日、友人から『結婚式の招待状』が

届きました。

 

僕は今月末に34歳になりますが、

この年齢になると、なかなか結婚式に

参加する機会も少なくなってきました。

 

結婚式に招待されるのは約3年振りです。

 

ほうほう、宮の森フランセス教会か・・・。

どんな料理が出るのかな?

どんなお酒が飲めるかな?

昔の友人に会うのが楽しみだなぁ!

 

11月中旬にあるというのに、今から何かと

楽しみで仕方ありません。

 

非日常空間ですからね、幸せのお裾分けを

いただきに行ってきます。楽しみです!

 

とはいえ・・・

 

久々に招待状を見ると驚愕ですね!

 

今の結婚式って、会費が

17,000円』

もするんですか!?

 

3年前は確か15,000円くらい?

57年前は確か13,000円くらいだったと

思うのですが・・・

 

知らないうちにブライダル業界も

『物価上昇』しているんですね。

 

僕の中では3年前の物価でストップして

いる為、高いな~と思っていたのですが、

ここ数年で何回も結婚式に参加している

友人には、こう言われてしまいました。

 

「それが普通の時代になったんだよ」

 

 

【家もどんどん価格が上がっている】

 

もちろん、ここ数年で値上がりしたものは

ブライダルだけではありません。

 

牛丼やマクドナルドといった外食産業、

ディズニーランド等のレジャー産業、

そして同様に住宅産業も。

 

東京オリンピック開催による海外からの

インバウンドを狙った建築ラッシュにより、

資材の高騰、職人不足が騒がれ始めたのが

3年前・・・

 

新築マンションの価格は上がり、その為、

中古マンションが人気に・・・。 需要が

高まったことを受け、こちらも価格は高騰。

 

注文住宅も同様です。

 

それなりのデザイン、断熱性能を担保

された34坪の住宅が2,000万円前後で

購入できていたのは、約3年前の話。

 

58%への増税があったこと、資材・職人

工賃の上昇も影響し、現在、同レベルの

34坪の住宅を建てるならば・・・

 

2,200万円が最低ライン』ですね。

 

10%、建築費が上昇しています。

 

ちなみに・・・

 

いわゆる『ローコスト住宅』の場合、

もっと安く家を建てることも可能ですが、

それもそろそろ厳しい時代に突入します。

 

 

【まだまだ上がる、家の価格!】

 

断言しますが、まだまだ住宅の値段は

上がりますよ。

 

これは確実です。

 

理由は、2つ。

 

1つ目は、増税を控えていること。

 

現在の消費税8%から10%に増税されると、

2,000万円税抜の家は、

 

8%2,160万円、10%2,200万円、

つまり40万円値上がりすることに

なりますからね。

 

そして、2つ目ですが・・・

 

2020年。

この年に住宅購入は大改革されます。

 

2020年以降、家をつくる時には、新たに

国が設定した「改正省エネルギー基準」を

満たすことが義務になります。

 

簡単に言うと、あと約3年経つと、

「安いけど、反面、性能はそんなに・・・」

という家が作れなくなるんですね。

 

断熱性能を上げ、気密性能を上げ、エネル

ギーを高効率で使うことが義務になります。

 

これが2020年基準です。

 

断熱性能を上げる為には、今までよりも

厚みのある、高性能な断熱材を使う必要が

出てくるでしょう。

 

熱が隙間から外に逃げないようにする為の

気密性能を上げるには、時間をかけて、

丁寧な施工をしなければなりません。

 

電気代、ガス代を今まで以上に高効率に

使うには、それなりの金額がするボイラー

を採用しないといけなくなります。

 

等々、上記はほんの一例に過ぎません、

建築費が上乗せされる要素が満載です。

 

おそらく増税も含めると、現在よりさらに

10%』価格が上昇するでしょうね。

 

34年後に家を購入しようと考えている

方は、今の内から家の価格設定の基準を

変えておかないと、

 

「え?家って今、こんなに高いの??」

と、なってしまう可能性があります。

 

自分達はできるだけ安く、“それなり”の

ものを購入したいのに国が認めてくれない

時代がくるのです。

 

 

・・・・・・

 

このように2020年になると住宅はさらに

価格が上がることが予想できます。

 

しかし、だからといって、

「今、安く建てられる間に、現在の基準で

建ててしまおう!」と、安易に考えて

しまうのもおすすめしません。

 

30年、40年住む家なのに、34年後には

国の基準を満たさなくなる性能で建てると

のはどうなんでしょう?

 

性能の高い家しか建てられなくなるのは、

『悪いこと』ではありません。

 

そしてこの『最低基準』も、2020年以降、

引き続き上がり続けるものと思います。

 

ですから、今の内から34年後の基準、

またはそれよりも数段レベルの高い家を

建てる選択肢も考えるべきですね。

 

ここ数年の内に住宅購入を考えている方は、

この2020年基準について深く考えてみる

ことをおすすめします。