札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > ハウスメーカーの『値引き』は当たり前?

ハウスメーカーの『値引き』は当たり前?

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

あっという間に、夏が終わってしまい、

秋と言うか・・・もう冬ですね。

 

僕は、夏の楽しみといえば、

『BBQ=バーベキュー』

これに尽きるのですが、もうさすがに外で

肉を焼くシーズンは終了した感があります。

 

なので、「肉を炭火で焼きたい!」と思ったら

焼肉屋さんに行かなければなりません。

 

最近では色んな焼肉のチェーン店があり

ますが、僕が小学生、中学生の時代は、

「焼肉 昌苑(しょうえん)」というお店に

家族でよく行っていました。

 

この焼肉屋さんは、

「しょーえん、しょーえん、焼肉昌苑!」

というテンポの良いCMもしていたの

ですが、常に会計から「50%OFF」を

してくれるお店でした。

 

幼いながらも

「それなら最初から50%の値付けを

すればいいじゃないか!?」

と、思っていましたね。

 

するとある時・・・

 

焼肉昌苑は、50%割引をやめて、

通常価格の改定をしたんですね。

 

改定と言っても、元々の金額から50%オフ

にした金額を通常料金として割引をなくす

という、実質「金額据え置き」でした。

 

これでいちいち「カルビ680円だから50%

オフだと340円か」と考える必要もなくな

ったと思っていたら・・・

 

その後、焼肉昌苑は札幌から姿を

消してしまいました。

 

50%オフを辞めたことでお客さんが来なく

なり辞めてしまったのかもしれませんね…

 

 

【値引きには“お得感”がある】 

 

結果的には同じ金額であったとしても、

「通常価格340円」と

680円の50%オフで340円!」

どちらがお得感を感じるでしょうか?

 

多くの方が「本当は高いものを特別に

安くしてくれている!」と考え、割引されて

いるものに心惹かれてしまいます。

 

ただし、これには裏があって、元々、実は

同じ340円のお肉かもしれませんよね?

 

それを680円とし、「50%オフにします!」

とお得感を演出している。

 

きっと表示価格はぼったくりの金額で、

50%オフした金額でも十分採算がとれる

内容だったんだと思います。

 

今、自分で商売をするようになり、

よくよく考えたら適正金額からの

50%オフなんてありえないですから…

 

これが例えば、

・あっても仕方ないから少しでもお金に

 換金しようという『在庫処分セール』

・新規オープンで認知度を高めたい為に

 赤字覚悟で行う『オープンセール』

 

で、あれば説得力もあるのですが、

いつでも50%割引というのは嘘くさいですね。

 

 

【ハウスメーカーの値引きは当たり前】 

 

これと同様なことが住宅業界でもあります。

それはハウスメーカーによる

「大幅な値引き」です。

契約を迫る際に、色々な理由を付けて

値引きをし、お得感を出しています。

 

例えば…

・公務員さん限定!10%割引!

50周年キャンペーン!150万値引き!

・クリスマスキャンペーン!

 オプション200万円プレゼント!

・四半期決算キャンペーン!

 

これ以外にもたくさんの値引きメニューが

あり、それを餌に契約を迫られますが…

 

これは本当にお得なんでしょうか??

答えは『NO!』です。

 

 

【お得感の演出に騙されてはいけない】

 

そもそもですが、2,500万円の家の

10%割引金額とは「250万円」ですよね。

この250万円、車で例えるなら、トヨタで

人気のプリウスが新車で買える金額です。

 

250万円値引きを言い換えると、

『家買ったら、プリウスプレゼント!』

 

これ、どう考えてもおかしいと思いませんか?

 

2,000万円、3,000万円という大きな金額を

見て麻痺してしまっていますがそんな

大幅な値引きができるわけないんです。

 

そもそもが「適正な価格」であればですね。

 

ですから、ハウスメーカーの

「今日、契約して頂ければ200万円、

値引きします!」

といった言葉には要注意ですよ。

 

これは値引き金額が100万円よりも200万、

それよりも300万といったように多くなれ

ばなる程、お得感が出てしまい迷って

しまうのですが…

 

そんな値引きをしてくる会社はそもそもを

疑った方が良いですね。

 

 

【なぜ値引きができるのか?を確かめる】

 

このことから僕は基本的に、値引きをする

会社を信用していませんが、中には

「正当な値引き」も存在します。

 

例えば・・・

 

「建てた後、モデルハウスとして6か月

貸してもらえるなら、安くします!」

というのはハウスメーカー側にもメリット

があることです。

 

土地を仕入れて、いつ売れるかわからない

モデルハウスを建てるよりも、建主が既に

決まっている家をモデルハウスにするのは

住宅会社にとってもメリットがあります。

 

このような住宅会社側にメリットがある

値引きであれば、本当にお得な値引きを

受けられている可能性が高まりますね。

 

しかし、どちらにせよ100万円単位での

大幅な値引きというのは信用するのは

危険です。

 

元々の値段に余計に利益を乗せられている

可能性がある他、場合によっては・・・

 

・見えないところで悪い部材を使われる

・契約後のオプションでぼったくられる

 

など、マイナスに働くことも考えられます。

 

安易な『値引き戦略』で騙されないように、

くれぐれも気を付けてくださいね。