札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 『燃費』を考えた住宅購入

『燃費』を考えた住宅購入

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

ある自動車メーカーの「燃費の不正表示」

が話題となりましたね。

 

故意なのかどうかはわかりませんが、

車を購入する人、または既にした人から

すると大問題ですよね。

 

私も今、車の購入を検討しているのですが、

気になるのはやはり『燃費』です。

 

燃費とは、ガソリン1リットルで何km

走れるか?を表したものです。

 

1リットルで5kmしか走れない車よりも、

20km走れる車の方がガソリン代が

1/425%』で済みますよね。

 

「普通モデル」

「燃費の良いハイブリッドモデル」

 ハイブリッドモデルの方が価格は高いので

すが、たくさん車に乗るなら、ガソリン代

のかかりづらい燃費の良い車にした方が

トータルでかかるお金が少なくなります。

 

・年間でどれくらいの距離を走っているか

・ここ10年の平均ガソリン価格を出す

・燃費の良い車がいくら高いのか?

・何年間、その車に乗るだろうか…

 

これだけの情報が揃えば、どちらを購入

するのが良いか?を判断できそうですね。

 

こんなことを考えながら、どんな車を購入

しようか検討しています。

 

【家の燃費を考える】

 

これは車に限ったことではありません。

 

家づくりも同様です、特に“冬の光熱費”

が他の地域よりもかかる札幌ではとても

重要なことです。

 

例えば…

家をできるだけ安く建てたい!と思って

断熱性能やボイラーの性能が低い家を

購入したAさん。

 

購入価格は「1,800万円」

35年ローンで、金利は1.6%とすると…

月々の支払いは約56,000円です。

 

一方で、断熱性能やボイラー性能を

オプションで200万円かけてグレード

アップした「2,000万円」の家のBさん。

 

月々の支払いは、約62,000円です。

 

6,000円、Aさんの家の方が安いですね。

 

しかし、光熱費が毎月平均で

Aさん 40,000

Bさん 30,000円 だったら…

 

Aさん 家賃56,000+40,000

96,000

Bさん 家賃62,000+30,000

92,000

 

結果、Bさんの家の方が毎月の支払い金額

4,000円少ないことになりますよね。

 

さて、あなたはどっちの方が良いですか?

 

【目先の金額だけで判断してはいけない】

 

もちろん、Bさんの家の方が良いに

決まってますよね。

 

このように目先のローン金額だけで

判断して住宅購入を考えてはいけません。

 

実際に、

「冬の光熱費がかかり過ぎて、どうすれば

良いのかアドバイスしてください…」

という問い合わせが12月~3月にかけて

非常に多くなります。

 

解決方法はあるのですが…

・ボイラーを変えましょう

・断熱工事をしましょう

・今の家を売って、新しい性能の良い家を

 購入しましょう(実際にありました)

 

このような回答になってしまいます。

月々の光熱費は安くなるかもしれませんが、

それを叶える為に大きなお金がかかります。

 

現実的ではない選択肢もありますよね。

 

だからこそ、初めの計画時から光熱費を

含めたトータルで考えることが大切です。

 

【いくら光熱費がかかるか?を知るには?】

 

「○○ホームさんの家は暖かいですか?」

「光熱費はどのくらいかかりますか?」

という質問をハウスメーカーの人に直接

聞いても正確な回答は得られません。

 

「うちの会社はしっかり断熱してますよ」

「おそらく○万円くらいじゃないですか?」

 

根拠がまったくないですからね。

 

では、どうすれば良いのか?

 

実は、電力会社やガス会社にシミュレー

ションを作成してもらうことができます。

 

電力自由化となりましたが、例えば、

北海道電力さんに光熱費のシミュレーショ

ンを作成してほしい!

 

とお願いすれば、作成してもらうことが

可能です。

 

北海道ガスも同様です。

 

断熱性能や建物の大きさ、家族の人数から

シミュレーションを作成してくれます。

 

もちろんそれぞれの家族の生活スタイルが

あるので誤差が出ない訳ではありませんが、

わかりやすい目安となります。

 

このような方法で月々に支払うローン金額

の他に、光熱費がどのくらいかかるかを

知っておくのはとても重要です。

 

月々のローン支払いは60,000円だけど、

光熱費の支払いが毎月70,000円もする…

※本当にある話です

 

なんてことにならないように気を付けて

くださいね。