札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 新松、入院しました

新松、入院しました

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

今、病院のベッドの上で

このお役立ち情報を書いています。

 

大きな病気や事故を起こしたわけでなく、

7年くらい前からあった胆のうポリープの

摘出をするために入院しています。

※正確には“胆のうごと”摘出します

 

半年に1度のペースで悪化してないか

検査へ行っていたのですが、医師から

 

「定期検査も面倒だし、お金もかかるし、

そのうちガンになると良くないから、

手術して取っちゃえば?」と提案され、

 

「そうですね、取ります!」

と、決断して取ることにしました。

 

手術を決断した理由は医師が言ったように

・定期検査に行くと時間と費用がかかる

・ガン化しないうちに取ってしまおう

という理由もあるのですが、

 

「FPとして入院を経験することで、

検査、入院、手術、通院など費用が

どれだけかかるのか体験してみよう」

と思ったのが大きかったです。

 

こういうのは、机上で考えるよりも

実体験として入院することで、

 

・入院にはどれだけお金がかかるのか?

・社会保険でどれだけ保障されるか?

・結果、医療保険は必要なのか?

 

を本当の意味で理解できると考えました。

 

我ながら仕事中心の考え方です(笑)

 

現在10月12日(月)午前11時30分、

手術は明日13日(火)午前9時を予定。

入院期間は1週間くらいになる見込みです。

 

暇なので入院手術の経過を日記のように、

そして、かかった入院費用などについて

書き留めておこうと思います。

 

お時間あればお付合いくださいm(_ _)m

 

 

入院前の検査

 

胆のうの摘出をするにあたり、入院前に

・大腸検査

・CT検査

・MRI検査

・心臓の強度検査

・尿、血液検査

などをおこないました。

 

入院前なので外来扱い、合計2日間かけて

色々と検査してもらいました。

 

それぞれの検査は苦痛ではなかったものの、

大腸検査日の朝に飲む下剤のような液体が

本当にマズすぎて死にました(T_T)

 

1杯目から「おえぇぇ~、無理~」状態…

なのに8杯以上飲まないといけない苦業…

これが鬼のように辛かったです。

 

入院前の2日間にかかった検査費用ですが、

自己負担(3割負担)で約28,000円でした。

 

 

入院一日目(手術前日)

 

手術前日から準備のため入院しています。

 

そこまでやることはないのですが、

翌朝9時から手術なので前入りというのと、

手術前の簡単な検査のためですね。

 

暇すぎるので半沢直樹シリーズの最新版、

「アルルカンと道化師」

を購入してひたすら読んでいます。

※クソ面白くて手術どころではありません

 

ちなみに今回の入院で私は「個室」を

選択しました、1日8,800円(税込)です。

 

これ、1泊2日だと17,600円になります。

仮に4泊5日であれば44,000円、ふむふむ。

 

個室にしたのは「ひとりの空間が良かった」

というのもありますが、やはりどのくらい

入院にはお金がかかるのか。

 

そして個室にはどれだけ価値があるのかを

身を持って体験したいと思ったからです。

 

さて、明日は手術。

無事に目覚めれば、またお会いしましょう。

 

 

手術当日

 

お陰様で手術は成功しました。

 

全身麻酔は初めてでしたが、感覚としては

時空を超えてワープ?した感じです。

 

「注射しますよー、口にマスクしますよー」

ってところまで覚えていますが、

その後の記憶は全くありません。

 

とりあえず普段どおり気持ちよく寝ていて、

内容は忘れましたが夢も見ましたし、

夢の続きが気になるタイミングで

 

「はい、新松さん終わりましたよー」

と、起こされた感じです。

 

「あ、俺、そういえば手術受けてたんだ」

と、こんな感覚でしたね。

 

術後は時間が経過するにつれて傷口が

どんどん痛くなる感覚があり、鎮痛剤を

可能な限り投与してもらいました。

 

思っていたより身体が不自由で、

手術後4時間で歩きだすことができると

言われていたものの、全然動けません…

 

半沢直樹を読む元気、体力、気力もなく、

手術日はお腹の痛みと戦っていた感じです。

 

 

手術翌日から

 

日に日に回復していくのがわかります。

 

空いている時間は廊下を散歩しまくり、

リハビリに励みました。

 

やはり傷口付近に力が加わるような動作は

辛いものの、本当に見る見るうちに回復。

 

手術翌日(3日目)は、

「うわー、このまま1週間は入院だな」

と覚悟していたのですが、

 

翌日(4日目)には、

「この感じだと明日退院できるんじゃね?」

って考えに変わるくらいです。

 

結果的に入院から5日目の午前中には、

自分で会計手続きを済ませ退院しました。

 

4泊5日でかかった費用ですが、

個室費込みで、約150,000円です。

 

 

手術から1週間経過

 

やはり傷口には痛みはあるのもの、

ほぼ普通の生活ができるようになりました。

 

さすがにジムで筋トレ!とはなりませんが、

車の運転も普通にできますし、

お客様との商談も複数済ませています。

 

手術で取り出した胆のうの病理解剖結果が

月末に出るので、特に異常がなければ

これにて一件落着という感じです。

 

この月末に行く外来受診が今回最後の受診

となる見込みですので、その外来費用で

今回の入院手術費の合計となります。

 

現時点では、

●外来受診(2回)で28,000円

●入院手術(4泊5日)で150,000円

ですので約180,000円という感じですが、

病理解剖も入れると『約200,000円』

となるかなと思っています。

 

 

医療保険は必要なのか?

 

さて、入院手術にかかる費用を自分自身で

身を持って体感したわけですが、

 

やはり個人的には、

「医療保険はいらない」

と感じました。

 

現時点で約180,000円の支出です。

 

なかなかの支出ではあるのですが、

今後手続きをするといくらか戻ってきます。

 

戻ってくる金額を差引きすると、今回の

検査、入院、手術、通院での自己負担は

約130,000円くらいだと思います。

 

これは『高額療養費』という社会保障の

制度を上手に活用したからです。

 

このあたりについて次回のお役立ち情報で

詳しく触れたいと思います。

 

まとまりのない文章で失礼しましたが、

病み上がりなので勘弁してください。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************