札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > このタイミングでプランを作ってはいけません

このタイミングでプランを作ってはいけません

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

「土地が決まっていないけど…

プランを作ってもらえませんか?」

住宅会社の営業をしていた時、土地を購入

する前のお客様からこのように言われる

ことが何回かありました。

プランとは、「家の間取り」のことです。

「玄関をこの位置にして、リビングは

 10帖くらいほしい!」

「キッチンと脱衣室は近くして、2階には

 子供部屋が2つと寝室、ウォークイン

 クローゼットがほしいんです!」

というように、あなたにも色々な要望が

あると思いますが、それがどのような

間取りになるのかを見たいんですよね。

土地を購入する前にどんな間取りになるの

かを知った上で、土地を買うか買わないか

検討したいんだと思います。

確かに、土地という買い替えのできない

ものを購入するのですから、不安になり

ますよね。

「土地が狭くて希望の間取りが作れな

 かったらどうしよう…」

「周りに家が多くて、しっかり朝日が

 入るか不安だな…」

あなたが不安になる気持ち、わかります。

私も初めて家を建てる立場だったら、

そう考えてしまうかもしれません。

しかし、業界を熟知した私としては、

土地購入前のプラン作成をあまり

お勧めしていません。

今日はその理由を3つ、説明して

いきたいと思います。

【購入前のプランをお勧めしない理由】

1.土地がなくなる

まず、プランを作成している間に他の人に

買われてしまうリスクがあります。

設計士がプランを作成するのにかかる

時間は最低でも1週間は必要です。

人気のあるエリアはもちろん、土地は全く

同じものが存在しませんから、他の人に

買われてしまうと替えが利きません。

プランを作成している間に土地がなくなっ

てしまったら、そのプランを見る側も制作

側も時間の無駄になってしまいますよね。

お客様、住宅会社どちらにもデメリットが

あるのです。

2.100%の力を発揮できない

これは住宅会社に勤めていた私だから

こそわかるのですが・・・

図面を書く設計士の心理にも良い影響を

与えません。

「本気で頑張って描いても、土地がなくな

ったらそのプランが無駄になるんだな…」

と思いながら制作するとどうでしょう?

100%の力を発揮しようという気持ちに

なれないんですよね、彼らも人ですから。

でも「それが仕事でしょ?」と思われる

かもしれません。

しかし、設計士というのはそのくらい

気持ちを込めて、ひとつひとつの

プランを作成しています。

ご主人や子どもが“食べるか食べないか”

わからないお弁当を何時間も時間を費やし、

心を込めて作ることができる人は多くない

と思います。

プランもお弁当も、作り手は相手の事を

考えて気持ちを込めて作るんですよね。

3.プランができたことで満足してしまう

実はこれが一番のリスクです。

家づくりをしていく上で、

・見積書を見る

・ローン借入先を決める

・内装を決める

・着工を迎え、地鎮祭をする

・工事現場へ見学に行く

・お金を払う

…色々とやることがあります。

その中でもプランを制作してもらう事は、

家づくりの中で最も楽しいタイミング

なんです。

要望を伝え、それがどんな形になって

出てくるだろうと待っているワクワク感は

想像に難しくありません。

逆に一番苦しい、楽しくない過程が

「土地探し」です。

これは例外なく、家づくりをした先輩、

みんなが言うことです。

・もっといいものがあるかもしれない

・本当にこの土地を買っていいのか心配

・そんなこと考えているうちに他の人に

 買われてしまった

・そもそも土地が出てこない…  等々

とてもストレスがたまりますし、

心が折れそうになります。

この状況でどのような心理になってしまう

かというと、仮でもプランを見るとそれで

満足してしまうんですよね。

家づくりの一番の楽しみを先に味わって

しまったので、

「不満はあるけど、この土地でいいや…」

「もう土地探しするの嫌だから家買うの

 中断するか…」

となってしまう方が非常に多いのです。

買い替えのできない土地をこんな心理状況

で購入するのはとても危険です。

これは家づくりをする上ではデメリット

でしかありません。

・・・・・・

 

以上が土地購入前にプランを

制作しない方がよい理由です。

 

ちなみに私が営業時代に担当した方の

中にも土地を買う前にプランを作成

した方が何人かいます。

 

一応、3つの理由は事前に説明しますが、

どうしても見たいというので仕方なく…

 

結果は…

 

例外なくその土地を買いませんでした。

(または売れてしまって買えない)

 

本当に例外なくです。きっと自分達の

家の形が見れたことで満足してしまった

のでしょう。

【どうしても土地購入に迷ったら?】

どうしてもプランを見ないと購入するのが

心配なら、住宅会社に「過去の施行実績を

見せてもらう」という方法をお勧めします。

例えば、

40坪の土地に家が作れるのか心配なら

今まで40坪の土地に建てた家の設計図を

見せてもらう。

土地の形が三角形で建てれるか心配なら、

今まで施工してきた三角形や変形地の

プランを見せてもらう。

この方法なら、設計士が100%の力を発揮

したものをすぐに見せてもらえますし、

自分の家はどんなふうになるのだろうと

いう「最大の楽しみ」もなくなりません。

プラン依頼を受けた営業マンはお客様に

嫌われるのが嫌なので、「NO!」とは

言いづらい状況にあります。

しかしながら土地購入前に行うプラン作成

はおすすめしません。

是非、土地を購入しようか迷ったときには

思い出してみてくださいね。