札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 令和元年のお金の話

令和元年のお金の話

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

新元号は・・・

『令和』でございます。

 

新元号、発表されましたね。

私はリアルタイムで発表会見みていました。

 

あなたは令和と聞いてどう思いましたか?

 

私の感想はというと・・・

 

「また『和』使うんかーい!」

↑即ツッコミました

 

「R(令)か、Kあたりが来ると思ったのに」

↑仲間とKが来る!と予想してました

 

「『令』の字を見続けていると、なぜだか

下の『マ』みたいな部分をどう書けば

いいのかわからなくなってきた・・・」

↑こういう現象ありません??

 

こんな感じでした。

 

世論的には6割以上の人が令和に対して

「良い」印象を持っているそうです。

 

支持率が高いのか低いのかわかりませんが、

徐々に慣れていくことでしょう!

 

さよなら平成、ようこそ令和!

 

さぁ、令和元年へ備えを始めましょう。

 

 

令和元年のお金の話

 

4月に入り家庭環境が大きく変わった方は

きっと多いと思います。

 

子どもの進学、復職、転勤、転職、

新居への引越し・・・

 

4月は色々とある時期ですよね。

 

さらに・・・

今年は家計のお金も大きく変わります。

 

まずは消費税の増税ですね。

 

ご存知の通り、8%→10%へ2%UPする

わけですから、支出が今までより2%UP

することが予想されます。

 

家計負担が増えるのは嫌ですが、

子育て世帯では心待ちにしている

こともあります。

 

既に周知されてきていますが、

2019年10月より3~5歳児、

いわゆる年少~年長さんの保育料が

無償化となります。

※給食費、バス代、教材費などはかかる

 

私は子どもがいないので影響がないのです

が、お子様がいる家庭では影響大ですね。

 

保育料は支払っている税金に比例しますが、

ざっくり保育料3万円程度を負担している

方が共働き世帯では多いのかと思います。

 

これがまるっと0円になるというのは、

家計に与える影響はとても大きいですね。

 

 

軽減税率がスタート

 

買う商品によって消費税率が変わる。

こんなことが10月から始まります。

 

家庭用の食品は消費税が8%のまま。

それ以外は10%になるというヤツです。

 

日常生活に支障をきたすようなものは

現状維持、贅沢品扱いになるものは10%。

 

お持ち帰りは消費税8%なのに、

飲食店で食べると10%・・・

それなら、セコマのイートインはどっち?

 

という論争が繰り広げられていました。

 

ザックリいえば家に持ち帰る食品は8%の

ままですから、外食が多くない家計なら

食費の増税負担はそれほどないかもですね。

 

増税直後はキャッシュレス決済をすると

増税分の(※場合によってはそれ以上)

ポイントバックが期待できます。

 

選択肢はたくさんありますが、

楽天カードやスマホに『paypay』を

入れておけば、ほぼもれなくその恩恵は

受けることができそうです。

 

私もクレカはもちろん持っているものの、

『paypay』はまだダウンロードしただけで

利用したことがないので、早急に活用して

みようと思います。

 

塵も積もれば山となりますからね。

 

小さな積み重ねがやがて大きな差になる為、

是非あなたもチャレンジしてみて下さい!

 

 

家づくりの隠れた目玉

 

これから家を建てるというかたは、

『住まい給付金』も増税に伴い拡大される

ことは見逃せませんね。

 

今まで1円ももらえなかった方が

30万円の給付を受けられたり、

 

中には50万円の給付を受けられたりと

その破壊力はなかなかのものがあります。

 

50万円もあればちょっとした家具家電と

引越し費用はまかなえますからとても

助かりますよね。

 

住まい給付金は年収や建築地によって

もらえる額が決定されるのですが、

 

年収分布の統計上は、90%程度の方が

給付対象となるので見逃せませんよ。

 

消費税増税直後は、

どちらかというと緩和軽減により

”お得”になるケースも多いのですが、

 

2年後には緩和策もだいぶなくなって

単純に消費増税の負担増が多くなって

来ると思います。

 

とはいえ、正直、急いで決断をしなければ

ならない程の差ではありません。

 

焦って支払能力以上のローンを組んだり、

適切じゃない土地を買ってしまったり、

性能の低い家を買ってしまうくらいなら、

 

じっくりと家のこと、お金のこと、

そして自分たちのこれからのことを

考えてからの決断で全然遅くありません。

 

長期的にみて体力のある家計を作ることが

できるように、家づくりの資金計画は

しっかり進めていきましょう。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************