札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 連休に差が出る家づくりの成功・失敗例

連休に差が出る家づくりの成功・失敗例

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

世間はお盆休み期間中ですね。

 

5日間以上の連休を取っている人、

一切休みがなく働いている人。

 

あなたはどのようにこのお盆期間を

過ごしていますか?

 

私はというと、絶賛通常勤務中です(笑

 

まぁ休みをとってもいいのですが、

特に行きたい旅行先もなければ、

特に休みたい理由もないので、

 

お役立ち情報のストックを貯めるべく、

朝7時からコメダでコーヒーとトーストを

片手にパソコンをカタカタ叩いています。

 

おそらくお盆期間中にすることといえば、

映画を見に行ったり、ジムに行ったり、

実家でバーベキューをしたり・・・

 

大型連休でなくてもできることだけです。

 

まぁ、別に連休だからという理由で何かを

しないといけない訳ではありませんからね。

 

ただ世の中を見ていると実家に帰省したり、

子どもを連れてレジャーへ出かけたり

しているご家族が多いようです。

 

旅行も良いですが、スーパー繁忙期のため、

とても料金も高いですよね。

 

それでも知人はここぞとばかりに

海外旅行へ行っているようです。

 

必ずと言っていいほど大型連休になる度に

奥さんと旅行へ行くその彼を見ていると、

 

しっかり夫婦の趣味である海外旅行の為に

計画的にお金を貯めているのがわかります。

 

自分たちの理想とする生活をするために

逆算してお金を貯めることができる彼。

 

とても堅実ですね。

 

ただ、世間ではそういった人達は

極めて少数派かな?と思います。

 

特にマイホームを購入した人には

自分の理想とする生活からかけ離れた

生活を余儀なくされている人が目立ちます。

 

 

家づくりの成功と失敗

 

マイホーム購入において

「成功」「失敗」とはなんでしょう?

 

とってもお気に入りの家を建てられた人は

成功なのかもしれませんし、

 

良い会社や担当者に恵まれず、完成まで

トラブル続きだった人は、もしかすると

失敗にあたるのかもしれません。

 

成功、失敗の定義は人それぞれですし、

「絶対にコレは成功・失敗だ!」

と言いきれるものはありません。

 

ただひとつ、言い切れるとすれば、

「家を建てたことで自分たちが理想とする

生活を実現できなくなった」

と、いうことならそれは『失敗』でしょう。

 

具体的に言えば

 

旅行が趣味だったのに住宅ローン返済負担

が大きく、行く余裕がなくなってしまった

 

子どもたちと遊園地に遊びに行きたいけど、

夫婦共働きでないと生活が厳しく、休みが

合わないので遊びに行けない

 

実家に帰省して親にも会いたいけど、

飛行機代を払ってまで帰れる余裕はない

 

こういったケースです。

 

そしてこれらの原因はやはり『お金』です。

 

住宅ローンの返済が多すぎるため、

理想の生活をする余力がほとんどない。

 

返済能力を上げる、つまり収入を上げる

ことも難しいため、生活水準を落とさな

ければならない。

 

こうなると本当に人生が楽しくないですし、

「何のために私は家を建てたんだろう?」

と、思うようになってしまうでしょうね。

 

家を建てる前には

「私達はそうはならない(たぶん…)」

と考えている人たちが多いですし、

 

そもそも、そこに不安を抱えている人が

極めて少数派なことに個人的に驚きます。

 

「みんな、ローン払っているから大丈夫!」

程度にしか思っていないのでしょうが、

 

その反面、どれだけ私生活で犠牲を払って

いるのか?までは理解していないでしょう。

 

 

あなたの夢はなんですか?

 

昔は「夢のマイホーム」と言われ、

マイホームを持つことは文字通り「夢」や

「目標」「目的」だった訳です。

 

昔は「夢」を掴むため、多少の犠牲を払う

ことも必要だったかもしれません。

 

しかし、現在の超低金利により、

マイホームを持つことは「夢」ではなく、

現実的な人生の通過点となりました。

 

つまり、人生におけるゴールではなく、

途中経過になった訳です。

 

あなたが人生で成し遂げたいゴールは

おそらく家を持つことではないハズです。

 

仮に家を持つことで、そのゴールから

遠ざかってしまうとしたらどうでしょう?

 

おそらく

「家なんて持つべきではなかった・・・」

となってしまいますよね。

 

そうならないために、家を建てたあとの

「ライフプラン=人生設計」

を建てることがとても大切です。

 

ライフプランを建てるとは、

 

自分はどんな人生を送っていきたいのか?

そのためにはいくらお金が必要なのか?

 

こういったことを考えることです。

 

 

FPの社会的な役割

 

この人生とそれに必要なお金のプランを

建てられるのがFP、つまり、

ファイナンシャルプランナーです。

 

しかし世間一般のFPに対するイメージは

ただの保険屋さんであることが多いです。

 

このように思っている人が9割以上ですし、

事実、保険を売ることで生計を建てている

FPが9割以上ですから仕方ありません。

 

しかしFPは本来、

保険を売る人ではありません。

 

一人ひとりの将来の夢や目標に対して、

お金の面で様々な悩みをサポートし、

その解決策をアドバイスする専門家であり、

 

個々人や家族のライフプラン(人生設計)

に基づく将来の収支の見通しを立て、

最適な資産設計・資金計画を提案を行い、

その実行をサポートするのが仕事。

 

FPはお金の面から家計の改善を図る

「家計のホームドクター」とも

呼ばれています。

※日本FP協会HPより

 

私は家計のホームドクターかどうかは

わかりませんが、マイホームを持つという

ことがどのように人生に潤いを与え、

 

一方でどれだけのリスクがあることなのか

をお伝えすることはできます。

 

家づくりはとても楽しいものですし、

人生の一大イベントなので、もちろん

それ自体を否定するものではありません。

 

ただ、人生の一大イベントで

やり直しが効かないことだからこそ、

慎重に、事を進める必要があるのです。

 

マイホームを持った後も、自分たちの

理想の生活を送りたいと思う人は、

 

土地を探すでもなく、

住宅会社を決めるでもなく、

 

まずは自分たちの理想の人生設計と

適正な予算を知ることから始めることを

強くオススメしますよ。

 

人生設計をする

必要なお金がわかる

マイホーム購入の適正な予算がわかる

土地・住宅会社を決めていく

 

このような順序で計画を進めていけば、

あなたが望む生活を実現できるように

なるでしょう。

 

お正月、GW、お盆休みのような連休こそ、

この差が大きく出てきますよ。

 

 

※前述したとおり、より良い人生設計を

するための正しい順序は、

 

人生設計をする

必要なお金がわかる

マイホーム購入の適正な予算がわかる

土地・住宅会社を決めていく

 

これが当事務所の考える

正しい家づくりの順番です。

 

そのため、

・既に土地を決めてしまった方

・住宅会社から見積を出されている方

についての相談は一切受けておりません。

 

当事務所の考える正しい家づくりの

順番を守ってくれる方を優先し、

その方々に時間を割きたいためです。

 

ご了承くださいませ。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************