札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 『設計コンペ』はするべきなのか?

『設計コンペ』はするべきなのか?

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

あなたが家を買おうとするなら、

どうやって住宅会社を決めますか?

 

選択肢としては、

 

・住宅展示場に行ってみる

・ネットで「札幌 住宅会社」で探す

・雑誌を買って選択肢を絞る

・住宅の無料相談所に行く

・兄弟や同僚、知人に紹介してもらう

 

こんな感じで始める人が多いと思います。

 

最近だとインスタ広告からモデルハウスを

見学して、具体的な商談に進んでいく人も

多くなってきましたね。

 

建築条件付き土地(所有者である住宅会社

で建てることを条件で販売される土地)の

場合を除いて、当然、あなたが建てたい

住宅会社で家を建てることができます。

 

最初は適当に、雑誌やネットを見ながら

「この会社はいい!この会社はダメだ…」

となんとなく数社に絞っていく感じ。

 

ただ、数社に選択肢を絞るまでは簡単でも、

建てられる家は当然「一軒」だけですから、

1つの会社に絞らないといけませんよね。

 

土地が決まった後、最終的に建ててもらう

1社を決めるまでの工程として、

 

「色んな会社と打合せを並行していき、

提案される間取りや見積りを比較させる」

いわゆる“設計コンペ”をする人もいれば、

 

「ある程度、特定の1社と濃密な打合せを

進めていき、特段の問題が発生しなければ

そのまま契約を進める」という人もいます。

 

どちらにもメリット、デメリットがある為、

その人の性格や、建てたい家によって、

どちらの方法を選ぶか検討しましょう。

 

今回は「設計コンペをする」視点から、

メリットとデメリットをお伝えしますね。

 

 

いくつも提案を受けられる

 

メリットは、比較できること。

 

数社から提案を受けることで、当然、

比較して検討できるようになりますよね。

 

金額はもちろんのこと、

・断熱性能、耐震性能

・アフターフォロー

・営業マンの対応の仕方

など、会社ごとに比較して検討できます。

 

特に各会社からの間取図の提案は、

「うーん、イマイチな提案だな・・・」

と思うこともあれば、

 

「おお、リビングをここにするとは!」

「そんな選択肢があるとは!さすがプロ」

みたいにワクワクすることも。

 

たくさんの住宅会社、設計士がいますから、

いくつもの提案の中から、一番しっくりと

くるものを選ぶことができます。

 

正直、こういった提案を色々な会社から

受けることは「楽しい」と思います。

 

間取りを見ているだけでも楽しいのに、

それを複数から見せてもらえるのですから。

 

また、価格についても数社を比較してみる

ことで、だいたい適正値がわかってきます。

 

私達は500mlのコカ・コーラが60円で

売っていたら安い!と感じますが、

200円で売っていたら高い!と感じます。

 

これは私達の中で

「500mlのコーラの相場は100円~160円」

という基準があるからです。

 

一方マイホームを買うのは「初」ですから、

何が安くて、何が高いのかを知りません。

 

各社を比較することで、ある程度、

注文住宅の相場観を知ることもできます。

 

また、場合によっては競わせることで

特別な値引きやオプションサービス合戦に

なる可能性もあります。

 

※私は基本的に、値引きする会社を

信用していませんが・・・

 

 

住宅会社が本気になれない

 

続いてデメリットです。

 

昔、住宅営業マンをしていた私が思う、

一番のデメリットはコレですね。

 

住宅会社を決めることは、結婚する相手を

決める過程に近いのかもしれません。

 

住宅会社も

「あなたが好きです、結婚してください」

と言ってくれる人には、

 

「私もあなたのために一生懸命頑張ります」

と、手間と時間を惜しまないと思いますが、

(既婚の皆さん、どうでしょうか?)

 

「あなたのことも気になっているけど、

あの人のことも気になっているんだよね」

 

と言われている状態では、本気になるのが

難しい…というのは想像できると思います。

 

土地が見つかり、コンペのように数社を

比較検討したいというのは、相手に対して

こういった感情を与えてしまいます。

 

お客様探しに苦労していない優良な会社は

 

「コンペなら、うちの会社は参加しません」

「その時間も労力ももったいないので…」

「うちで建ててくれる人に時間を使いたい」

「他社を検討するなら、そちらでどうぞ」

 

と言われてしまうこともあります。

 

一見、高飛車に感じる部分もありますが、

時間も労力も限られている優良な会社では、

正直、当たり前のことかなと思います。

 

逆を言えば、

「是非、コンペでもやらせてください!」

という会社は、仕事を必死に探している。

 

または、コンペをしても勝つ自信がある。

いずれかです、おそらく前者が多いですが。

 

ちなみに・・・

「競合相手がいないなら、たくさん利益を

取ってやろう!」なんて思う会社は少なく、

 

むしろ「この人の為に、できるだけお得に

いい家を建ててあげたい!」と思うのが

普通の営業マン心理だと思います。

 

 

迷子になる

 

住宅会社にはそれぞれ特徴があります。

 

デザイン優先の住宅会社もあれば、

性能重視の工務店もあります。

 

低単価で建てられるローコスト住宅と

高単価だが丁寧に建ててくれる住宅会社。

 

その他にも、

 

基礎断熱or床下断熱

一種換気or三種換気

外断熱or内断熱

在来工法orツーバイフォー工法

ハウスメーカーor工務店

自社大工or業務委託大工

タイルorガルバリウム

 

こんな感じで、家づくりは選択の連続です。

 

選択肢が多くなり、正解がわからないと

完全に「迷子状態」に陥ります。

 

最終的に、自分たちが当初描いていた

理想の家とは、全く違う家が完成して

しまったという話はよくあります。

 

迷った挙げ句に・・・

 

デザインも、そこそこ。

間取りの提案力も、そこそこ。

性能も、そこそこ。

ゆえに価格も、そこそこ。

 

中学校の成績表ではありませんが、

5段階中、全ての項目でオール3の家を

選んでしまう人も多いでしょう。

 

それが絶対に悪いとは思いませんが、

自分たちが建てたかった理想の家は

オール3の家ではないことが多く、

 

2の部分もあるが、4の項目もあったり、

1の部分もあるが、5の項目もあるような

メリハリのある家だったりします。

 

色々な会社にコンペさせると、

たくさんの情報が入ってきてしまうので、

自分たちが本当に大切にしたい部分が

グラグラ揺らいでしまうかもしれません。

 

自分の性格や、建てたい家の理想などで

コンペをさせるのが良いのか、悪いのか、

選択肢は変わってくると思いますから、

 

まずは家族内でどのように住宅会社を

決めていくのかを会議すると良いですよ。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************