札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 賃貸vs一戸建てvsマンションの答え

賃貸vs一戸建てvsマンションの答え

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

『賃貸VS持ち家、どちらがお得?』

 

こんなフレーズ、良く見かけませんか?

 

雑誌やTV等、メディアでもこの内容は

エンドユーザーから興味を引き付けやすく

よくテーマになっていますね。

 

「住みたいエリア、物件、常に新築に

住み替えることができて住宅ローンという

借金を背負わない“賃貸”の方が良い!」

 

という人もいれば、

 

「自分の好き勝手にできる家が持てる、

老後も家賃を払っていくなんてできない、

だからこそ“持ち家”の方が良い!」

 

こんな意見の人もいますよね。

 

色々な人が、

色々な事情や背景を持っており、

色々な価値観があるのですから、

 

答えなんて出るわけがない!

っていうのが正直なところなんですよね。

 

とはいっても・・・

結局“答え”が欲しいって思いませんか?

 

では結論をお伝えしましょう。

 

 

お金だけ考えたら『持ち家』

 

私の答えはコレです。

 

前述していますが、賃貸はいつまで家賃を

払っても払い終わることがありません。

 

一方、持ち家の場合、35年の住宅ローンを

組んだとしても最長支払いは35年で終了。

 

仮に家賃70,000円の賃貸物件だとして

平均寿命の87歳まで30歳の人が家賃を

払い続けることを考えてみたら・・・

 

7万円×12か月×57年間=4,788万円

これだけの支出をすることになります。

 

同条件で持ち家を持つことを考えて

月々7万円程度の支払いとするならば、

2,300万円程度の中古物件は購入可能です。

※固定金利1.6%35年払い

 

札幌市内でも23LDK程度の中古物件で

あれば購入可能かと思いますね。

 

しかも支払いは35年で終わります。

 

もちろん持ち家ならではの費用、

例えば固定資産税や修繕費用などの

お金もかかりますが、

 

賃貸の生涯トータルコストと比較すると

メリットが非常に大きいと言えます。

 

 

持ち家は団信がついてくる

 

このお役立ち情報ではお馴染みの

団体信用生命保険、通称『団信』です。

 

これは住宅ローンを組んだ人に

“もしものこと”が起こると住宅ローンが

チャラになるという生命保険です。

 

これは住宅ローンを組む時、ほぼ強制的に

加入させられる保険です。

 

つまり、住宅ローンを使って家を購入する

=団信に加入するという図式になります。

 

さて・・・

 

賃貸に住んでいる時、人生のパートナーに

もしものことが起こってしまったとします。

 

この時以降、パートナーの収入はもちろん

ゼロになってしまいますよね。

 

そんな中でも当然ながら、あなたが住む

借家の家賃は、あなたひとりの収入で

払い続けていかなければなりません。

 

子育てをしながら、なかなかフルタイムで

働けない状況などを想像すると、これって

相当厳しい状況になると思います。

 

一方で、マイホームの場合、

団体信用生命保険に加入している債務者に

もしものことが起こった場合は、

 

そのローンがチャラになりますから、

債務者ではないあなたが引き続きローンを

支払っていく必要はないのです。

 

パートナーと連帯してローンを組んでいた

としても、パートナーのローン負担部分は

チャラになりますから、あなたのローン

負担部分のみを返済していけば良いことに

なるのです。

 

私は生涯で払う家賃やローン金額以上に

この団体信用生命保険の差が大きいと

思っています。

 

だからこそ、持ち家の方がメリットが

あると私は考えています。

 

しかし、以前お役立ち情報で書きましたが

下記の内容に当てはまる人は

賃貸暮らしが良いかもしれません。

 

・家賃がかからない家に住んでいる

・実家がもらえる可能性大

・家族構成に変化がありそう

・今後の収入が著しく不安定である

・マイホームを買える家計状況でない

 

詳細の内容については、

↓こちらをご覧ください。

あなたは家を買うべきではない

 

 

一戸建てVSマンション

 

では持ち家だとしても

“一戸建て”と“マンション”、

どちらの方が良いのでしょうか??

 

これも良く聞く話ですよね。

 

これも前述の文脈からの流れを

引き継ぐならば答えは“戸建て”です。

 

賃貸にずっと家賃を払い続けても

死ぬまで終わりがなく、

 

団体信用生命保険もついてこない為、

もしものことがあっても住宅費用が

ずっとかかってしまう・・・

 

であれば、持ち家!という流れでしたが

実はマンションの場合、少し話が違います。

 

と、いうのもマンションは住宅ローンの

支払いが完了したとしても

 

・修繕積立金

・管理費

・(使うなら)駐車場代

 

これらが永続的にかかります。

 

同様に団体信用生命保険で住宅ローンが

チャラになったとしても、上記の費用は

かかり続けるのです。

 

戸建ての場合、修繕費用は自己管理のもと、

貯蓄をしておく必要がありますが、

 

マンションのような管理費はありませんし、

敷地内に停める駐車場代もかかりません。

 

このことから、戸建てとマンションで

お金のことだけ考えるなら戸建てかな?

と思いますね。

 

ただ、将来の売却価格を含めたり、

 

お金以外にも家に対する価値観は

様々ありますから“戸建て”が絶対と

言っている訳ではありませんよ。

 

 

・・・・・

 

今までTVでこの手のテーマについて

色々と専門家が語っているところを

見てきましたが、

 

その中で私が一番納得がいったのは、

 

『明確な1番はない、なぜなら明確な1

が存在するとすれば、それ以外の選択肢は

なくなっているはずだから』

 

この答えでした。

 

持ち家が絶対なら賃貸は無くなっているし、

賃貸が絶対なら持ち家なんて売れなくなる。

 

こういうことです、納得しませんか?

 

以上から、結局は“答えがない”という

答えが正解になってしまうのですが、

 

あなたがどんな家を購入したらいいのか

わからないと思っているなら本日の内容を

参考にしてもらえればと思います。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************