札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 土地をかけた負けられない戦い!

土地をかけた負けられない戦い!

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

GWが終わってしまいましたね。

 

あなたはGW中、何をされていましたか?

 

気温が高かったので花見やBBQをした人、

旅行に行かれた人、家でじっとしていた人。

 

そして、お仕事だった人…お疲れ様です。

 

これからマイホーム購入を考えている人は

住宅見学イベントや銀行の住宅ローン相談

会に行かれた方もいるかもしれませんね。

 

さて、私はというと・・・

『土地探し』に必死になっていました。

 

私は、土地探しのお手伝いをしている

お客様もいるのですが、このGW中に

2組の方の土地購入に動きがあったので

そちらに奔走していました。

 

GW中もお仕事、大変ですね!」

なんて言われることもあるのですが、

私はこの仕事、あまり苦には思いません。

 

一生に一度の住宅購入のお手伝いができる

のでワクワクしながら、最高の買い物が

できるように楽しんでお手伝いしています。

 

本当ですよ(笑)

 

そして土地探しは、『一分一秒』を争う為、

休みがどうこう言ってられません。

 

・・・・・・

 

さて、今回のお役立ち情報では、

GW中に動いた2組の内、1組のお客様の

土地探しの実例としてご紹介します。

 

土地を見つけてから購入するまでの流れが

どれだけ大変なものなのかを説明している

ので、これから土地探しという方は参考に

してくださいね!

 

 

【そもそも・・・『普通』の土地がない!】

 

先に言っておくと、今、札幌では

普通の土地すらなかなか買えません・・・。

 

土地情報

 

もちろん、土地はあるにはあるのですが、

『普通に家を建てるのに適した土地』を

探すのも一苦労なんです。

 

家を建てたい『需要』が多く、

土地を売りたい『供給』が追いつかない。

 

需給バランスが完全に崩れていますね。

 

特に地下鉄沿線ではなくとも、札幌市内で

45坪~65坪の『狭すぎず、広すぎず』の

最適な大きさの土地で、前面の道路幅が

8m(除雪が入る、車が交差できる幅)の

土地は人気が激高です・・・。

 

さらに・・・

 

地下鉄沿線徒歩15分以内、特に西区の

西野や西町、発寒南、宮の沢エリアは

完全な『プレミアゾーン』・・・。

 

ほとんど情報が出てきません。

土地があれば、すぐ売れる状態です。

 

その為、住宅メーカーも少し大きな土地が

あればそこを買い占め、『建築条件』を付け、

分割して販売しています。

 

建築条件とは、

『その土地を買うなら、その土地を所有

している住宅会社で家を建ててください』

という条件のことを言います。

 

土地が売れれば、家も売れる。

 

仮に家自体に魅力がなくても、土地に魅力

があれば簡単に家が売れてしまうわけです。

 

そんな建築条件付土地しかないエリアに…

 

 

【売り土地情報が出た!】

 

この時、51日(月)夜の21時。

 

土地情報が仲介業者HPに掲載されたのが

51日』で、これを私が発見したのも

51日』の21時頃。

 

発見後すぐ、お客様に

「○○不動産のHPで住所□□に

1,500万円で土地情報が出ましたよ!」

と連絡を入れました。

 

当日は返信がなかったものの、

翌日2日の朝8時に、

 

「夜、主人が仕事から帰ってきたら、

現地を見に行きます!」と奥様から返信。

 

そして同日の夜、連絡が来て

 

「凄く良いと思うのですが、新松さんにも

実際に見てもらって、色々と相談してから

決めたい!」

 

と、朝日の状況がわかる翌3日の朝7時に

現地で待合わせをしました。

 

翌日、朝650分に現地でお会いし、

日当たりが良いことを確認。

 

申込の手順を説明に最寄のスタバへ直行し、

その場で申込書を書いてもらいました。

 

この時点で朝8時くらいですね。

 

この土地情報を知ってから、申込書を

記入するまでわずか35時間程度です。

 

もしかしたら、これでも時間がかかって

いる方かもしれません。

 

良い土地を購入しようと考えるなら、

このくらいのスピード感で決断をしなけ

ればなりませんね・・・

 

 

【土地をかけた負けられない戦い!】

 

土地の申込をする際には、『買付申込書』と

いう書面での申込が必要になります。

 

“口約束”はできないということですね。

 

この申込書を朝9時には仲介業者へFAX

したのですが、あいにく仲介業者もGW

休みで状況の確認ができません。

 

その為、この日はこれにて終了です。

購入できることを祈り、帰路につきました。

 

数日後・・・

 

一足早くGW休みが終わった仲介業者

より連絡が入り、状況確認をすると

『もう一組、同日に申込をされています』

とのこと・・・

 

単独での申込ではなく、残念な気持ちも

あったのですが、競合するのが一組だけで

良かったと思う気持ちもありましたね。

 

と、いうことで・・・

この一組の方と『一騎打ち』です!

 

 

【どちらの人に売るのかは○○した後で…】

 

購入条件はどちらも値下げ交渉などなく、

満額の1,500万円で購入したいということ

でした。

 

同条件の場合、先に申込をした人に優先権

があることもあれば、業者によっては、

『より確実に購入してくれる』方を

優先させる場合もあります。

 

今回は後者のケースで、

「どちらの方に売るかは、『面談』をさせて

頂いてから、売主及び社内で検討します」

と、言われました。

 

これをそのままお客様に伝え、

作戦会議をしてから面談に臨むことに…。

 

「いつでも契約できる!という意思表示を

示す為、印鑑を持って行きましょう!」

 

「ローンが借りられるという銀行からの

証明書を持って行きましょう!」

 

「ローンが通らなくても、現金で購入でき

ることをアピールしましょう!」

 

などなど・・・

 

これは面談というよりも『面接』に近い

状況かもしれませんね。

 

就職活動で『内定』を取るように、

 

「私は御社仲介の土地を○○の理由で購入

したいのですが、契約はいつでも可能です。

 

ローンの審査は既に承認されており、

場合によっては現金購入も可能です!

 

つきましては、是非、私に土地を

購入させてください!」

 

なんてプレゼンテーションをする・・・

 

正直、ここまでしないといけないのか?

と、思ってしまうほど、人気の土地を

購入するのは大変なのです。

 

・・・・・・

 

さて、この面接の結果はというと・・・

実は、まだ結果が出ておりません。

 

「ここまでやって、買えなかったら

縁がなかったということですね」

と、お客様も言ってくれていますが、

本当に『ご縁』次第かもしれません。

 

『人事を尽くして天命を待つ』

この言葉が土地購入には本当に適して

いると私は思います。

 

全てが全て、縁では解決できませんが

自分たちができる最大限の事はやり切って、

あとは待つだけ。

 

さて、あなたは本気で土地購入の戦いに

挑む覚悟はありますか?

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************