札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 住宅会社が倒産したら嫌ですか?

住宅会社が倒産したら嫌ですか?

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

「3月までは調子が良かったのに、

今の状況はあまり良いとは言えない」

 

先日、ある住宅会社の方とお会いした際に

その方が言っていたことです。

 

3月といえば消費税増税前の駆け込みで

契約を急いでいた人、つまり家を建てたい

と思っていた人が多かった時期です。

 

消費税が増税になるのは今年10月からの

予定ですが、マイホームに関しては

3月まで契約を済ませておけば、

 

増税した10月以降の引渡しになっても

消費税が8%のままという特例がある為、

ある程度の駆け込み需要がありました。

 

しかし、その反動で4月以降のお客様の

数が減り、契約獲得に非常に苦労している

とのこと。

 

増税後に建てても住宅ローン減税や

すまい給付金の拡充など、需要が減らない

ための施策は色々あるわけですが、

 

消費者としては、そこまで詳しく理解して

いない人も多いですし、一定数の駆込みが

あったようですね。

 

その為、4月以降の状況が思わしくない。

 

これはある程度予測できていたことですが、

予想以上に状況が厳しいみたいです。

 

さらに、それ以上に深刻な話をしており、

 

「長期的に見ると建設業で食べていくのは

厳しくなると思うので、事業転換も考えて

行かなければならない」

 

このようなことも仰っていました。

 

 

斜陽産業である住宅業界

 

また、住宅業界の広告屋さんで札幌近郊の

住宅会社事情に詳しい方の情報では、

 

「〇〇ホームは、社長がこれからの業界の

流れを読み、ローコスト住宅にシフトする

みたいです。

 

でもそれによって、他の役員や社員の

反発に合い、人がバタバタ辞めてしまった。

 

今、〇〇ホームは社内がゴタゴタしている

ので、気をつけた方が良いですよ」

 

このような事態になっている会社を複数社、

教えてもらいました。

 

ことの発端としては、やはり建設業界の

先行き不安があり、

 

生き残りをかけた経営戦略をしていかない

といけないということです。

 

短期的に見れば増税のあおりを受け、

 

長期的に見れば少子化、空き家問題など

山積みですから、確実に住宅の需要は

減っていくのです。

 

現在の年間新築棟数を「100」とすると、

20年後には「60~70」まで減ると

言われていますからね。

 

黙っていては、30%以上の会社が

“不必要”ということになります。

 

 

住宅会社の倒産、解散、閉鎖

 

あなたは住宅会社がなくなる理由を

ご存知ですか?

 

実は私自身もすべてを正確に把握できて

いなかったのですが、

 

「家が売れなくなった」「経営悪化」

だけがなくなる理由ではないようです。

 

なくなると一括りに言っても、

「倒産、解散、消滅」など会社が消える

パターンはいくつもあり、

 

家が売れなくなって経営が悪化、

結果として「倒産」ということもあれば、

 

社長がお亡くなりになり、事業を引き継ぐ

ことができる人がいなくなってしまった、

ということもあります。

 

また、冒頭で触れたように

「先を見た時に、今、撤退するべき」

という経営者もいます。

 

自分(社長)は十分な蓄えがあるので、

無理にリスクを抱え事業をしていく必要が

なくなったと判断すれば、

 

黒字だが“事業をたたむ”という選択肢が

出てきてもおかしくはありません。

 

実際、過去にもそういった形でなくなった

会社もありますし、最近もそのような

雰囲気を感じる企業が複数社あります。

 

 

建てた会社なくなったら?

 

せっかく建ててもらった会社が

数年後になくなってしまったら

あなたはどう思いますか?

 

きっと不安な気持ち、残念な気持ち、

悲しい気持ちになるのではないかと

思います。

 

私もきっとそう思うと思います。

 

保障については、住宅会社が倒産した時の

ために「瑕疵担保保険」に加入している為、

 

屋根や壁、構造体などの主要な部分は、

第三者機関によって保障してもらえる事が

ほとんどなので、実はそこまで心配は

いらないのですが、

 

それでも日常的なメンテナンスをお願い

できる窓口がなくなってしまうわけで、

不都合が出てくる可能性もありますね。

 

何にせよ、建ててもらった会社がなくなる

のは、気持ち良いものではありませんよね。

 

 

なくならない会社を選びたいなら

 

どれだけ経営が順調に行っていても、

どれだけ家づくりに想いがある会社でも、

規模の小さな会社ほど様々な理由で会社が

なくなるリスクが高まります。

 

社長が病気や亡くなってしまうのは

まったく予想できませんし、

 

社長でなくとも優秀な営業マンや設計士が

1人いなくなってしまうだけで相当な

ダメージを受けるのが小規模事業者です。

 

個人的には建てる時にしっかりとした

建物を建ててもらえればメンテナンスの

頻度も減ると思っていますから、

 

しっかりとした建物を建ててもらえば、

会社の存続はあまり気にしないのですが、

やはり気持ち良いものではありません。

 

そういった意味で言えば、

やはり大手のハウスメーカーの方が

安心感はあることでしょう。

 

もちろん大手だからといって倒産リスクが

ゼロになる訳ではありませんし、その分の

安心料として建築価格(利益率)も高い為、

何を取るかだとは思います。

 

 

家に何を求めますか?

 

マイホーム購入はとどのつまり、

「何を求めるか?」のバランスです。

 

上記のような「保障」や「安心感」、

「デザイン」や「間取りの提案力」、

「価格」や「営業マンの対応力」など、

選択肢は無数です。

 

もちろんすべてのことが100点満点の

住宅会社を選びたいのですが、

 

実際問題としてそれはなかなか難しく、

すべてが100点満点となると価格に

跳ね返ってしまいます。

 

このあたりが非常に難しいですね。

 

これから家を建てる人は建てるにあたり、

住宅会社をどこにするかで迷うことが

出てくると思います。

 

その時には夫婦で定期的に

「自分たちが家に求めるものは?」

を繰り返し話し合ってみると良いですよ。

 

一回ではなく、何回も。

 

経過と共に考え方も変わってきますからね。

 

今、住宅業界は変革期を迎えています。

 

これから家を建てる方は、様々な価値観の

中で大切にしたいものを考え、住宅会社を

選ぶようにしていきましょう。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************