札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > ユニクロに学ぶ、素敵な家を建てるポイント

ユニクロに学ぶ、素敵な家を建てるポイント

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

最高気温が16℃を越えたと思ったら、

次の日は4℃・・・

 

春の天気は、ハッキリしませんね。

 

とはいえ、ようやく札幌も春らしく

なってきました。

 

中道の雪もほぼ溶けてきたので、私は

スニーカーを履いて外出したい気分です。

 

それに伴い、春ものの服でも買おうかなと

フラッと清田区の『ユニクロ』と『GU

へ先日行ってきました。

 

こちらは昨年末にできた日本最大級の

大型店らしいですよ。

 

ご存知ですか?

 

羊ヶ丘通沿いに、駐車スペース250台分を

確保した非常に大きな店舗です。

 

 

【これ、ユニクロ??】

 

最近のユニクロは、

「全然、ユニクロってわからない!」

という洋服が多くなりましたよね!?

 

ディスプレイや芸能人を使った広告を

見ていると、どれもユニクロっぽくなく、

素敵なコーディネートをされているので

 

「もう普段着は、ユニクロ以外で

買わなくてもいいんじゃないかな!?」

 

と、私は思ってしまいます。

 

芸能人も広告だけでなく、プライベートで

ユニクロやGUを活用している人も多い

ようですね。

 

あのローラさんも私服を公開したTVで、

「このインナー、GUだよ~!」

なんて言ってましたからね。

 

ローラユニクロ

 

ローラさんが着ると全然GUに見えない。

さすがです。

 

ただ、ローラさんのような芸能人に限らず、

同じユニクロやGUの服を着ていても、

 

「とてもオシャレに見える人」

「全然、ユニクロだとわからない人」

「むしろ高級なものに見えてしまう人」

 

が、街中にはいますね。

 

これはおそらく、使い方やサイズ選びが

上手いからで、全然安っぽい雰囲気を

感じさせないのだと思います。

 

『使い方』ってとっても大切ですね!

 

 

【高いものを着ていてもダサい人】

 

逆にですが・・・

 

上から下まで全身をアルマーニやグッチ

といった高級ブランドでコーディネート

している人もいます。

 

最近では、札幌でも狸小路のお土産店や

ドラッグストアあたりで良く見かけます。

 

しかし、全員が全員、オシャレに見えるか

と言われたらどうでしょうね?

 

私はむしろ、全身をブランドもので揃え、

「どうだ!凄いだろ!?」

という雰囲気を出している人は、

『ダサい』と思ってしまいます。

 

もちろん中には似合っている人もいると

思いますが、あなたはどう思いますか?

 

このことから、高いものを着ればオシャレ

になる訳でもなければ、安いからダサい

訳でもないと私は思います。

 

オシャレのコツはブランドや素材、

それに伴う金額ではないということですね。

 

 

【お金をかければ素敵になるとは限らない】

 

これは家づくりについても同じです。

 

家の外観や内部仕様をコーディネートする

ときも、先程の服の例と同様です。

 

高いものを使えばオシャレになるわけでも

なければ、安い素材だからダサいという

こともありません。

 

確かに高価な素材には「高級感」のような

雰囲気があるのも事実です。

 

しかし、それを使えば必ずオシャレになる

という訳ではないのです。

 

『周りの素材との調和』

『どこにどの範囲で使用するのか?』

『細かな施工方法による違い』

 

などの『使い方』や『施工方法』が

実は超重要になるのです。

 

その為、

 

・まったく同じメーカーの床材、建具

・まったく同じ品番の壁紙(クロス)

・まったく同じ材料の外壁

 

家のほとんどの材料をほぼ同じものを

使ったとしても、実は全然違う雰囲気の

家が完成してしまいます。

 

もし、あなたが住宅雑誌の素敵な写真を

見て、オシャレな家や自分らしい空間を

作りたいと思っているなら・・・

 

材料だけではなく、それを上手に使って

くれる建築会社選びに気を付けないと

いけませんね。

 

重要なのは素材そのものではありません。

『使い方』ですよ。

 

 

【実際にあったお客様とのやりとり】

 

5年程前、私が住宅営業マンをしていた

時に実際にあった話です。

 

私が元々いた会社は、割とオシャレだと

お客様から評価されている会社でした。

 

こういった会社は、

『少しでも素敵な空間にする為には、

どうしたら良いのか?』

と、日々研究や改良を重ねていますし、

そこに費用、特に人件費を投下しています。

 

『ディテール(細部の仕様)会議・研修』

のようなものもありました。

 

その結果、もちろん素敵な家が完成する

のですが、全く同じ材料を使ったとしても

その分、手間賃や人件費がかかっている為、

他の会社と比べて建物金額が高くなって

しまう傾向があるんですよね。

 

お客様からは金額が少し高いため、

「この会社で建てたいけど、金額が高い

から他の安い会社で建てようと思います」

と言われることもありました。

 

その際によく

「どこのメーカーの床材を使っているの?」

「どこのメーカーの扉なんですか?」

と、お客様から聞かれることも・・・

 

きっと、同じ素材を使えば同じような

素敵な家になるだろう・・・

と思われていたのだと思います。

 

私はそう言った時は惜しみなく、

「○○っていうメーカーの□□っていう

商品ですよ~」と、教えていました。

 

同じものを使っても、全く同じ家には

ならない自信があったからですね。

 

お客様にもその旨を伝え、理解してもらい、

その上で他社で家を建てることに

なったのですが・・・

 

後々、たまたまその人とお会いした時に

「思っていたイメージとは、程遠い家に

なってしまいました…」

と悲しそうに言ってました。

 

私は「やっぱり…」という気持ちと同時に

もう少し強引にこの方に営業をかけて

うちの会社で家を建てることをお薦め

すれば良かったのかなと思いましたね・・・。

 

このあたりの違いについて理解してもらう

のはとても難しいです。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************