札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > 同じ広さなのに見積金額が違う理由

同じ広さなのに見積金額が違う理由

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

「なんで同じ大きさ、広さの家なのに

ハウスメーカーによって金額が違うの?」

 

って考えたこと、ありませんか?

 

私は業界にどっぷり漬かっているので

当たり前になってしまっているのですが、

 

初めて家を買う人からすれば、

「あそこは大手ハウスメーカーだから高い」

「利益をがっぽり取っているから高い」

みたいなブランドや利益率に焦点を当てる

人が多いのかなーと思います。

 

逆に安い会社に対しては

「小さな工務店だから安い」

「薄利多売でやっているから安い」

「どうせ、安かろう悪かろうなんだろう」

みたいなイメージを持っているのかな、と。

 

結論、これらは間違いではありません。

 

大まかな方向性を決めるうえでは

この情報だけで問題ないでしょうね。

 

しかし、

「よりお得に家が買いたい!」

「一生に一度の買い物で損をしたくない!」

とあなたが思っているなら、

今日の内容は役に立つと思いますよ。

 

大なり小なり価格を決める理由はある

ものの、その中でも大きな3つの要素を

お伝えしますね。

 

 

利益率が違うから

 

まずはわかりやすいものから行きましょう。

 

多くの方が理解していると思いますが

単純に利益率、つまり家を1棟売った時の

『もうけ』の割合が会社毎に違います。

 

なぜでしょう?理由は、

いわゆる『大手のハウスメーカー』は

 

・住宅展示場のモデルハウス建設費

・住宅展示場の年間にかかる維持費

・豪華な来場プレゼント代

・土日になると入ってくる新聞チラシ

・有名芸能人を使ったテレビCM

・たくさんいる営業マンの人件費

・組織を束ねる管理職などの人件費

 

等、地元の工務店ではかからないコストが

たっぷりとかかっており、その分、

余計に儲けないといけないからです。

 

工務店と比べ、家そのものにかかる費用に

プラスして余計なコストを支払わないと

いけないのです。

 

この余計なコストを支払ったとしても

良い家が建つ訳ではありません。

 

家そのものにかかる費用、

つまり『原価』は同じですからね。

 

できるだけ『良い家を安く』と考えるなら

ハウスメーカーより工務店がオススメです。

 

とはいえ、大手で建てるという安心感に

魅力を感じるなら、このコストに資金を

投じるという考えも悪い事ではありません。

 

 

使っているものが違うから

 

木造の家を建てる為には、

 

・柱などの木材、床材、構造材、断熱材

・基礎のコンクリート、鉄筋、砕石

・窓や玄関ドア、外壁

・照明、コンセント、スイッチプレート

・キッチン、トイレ、お風呂、洗面台

 

これら以外にもクギなどの細かい部材も

含めると、数千、数万の部材を使います。

 

これらすべてのグレードが当然ながら

各社同じではありません。

 

「安かろう悪かろう」の会社もあれば、

社長や作り手のこだわりで

「高いけど、木材は絶対にコレだ!」

みたいな会社もあります。

 

その分、同じ大きさ、同じ形状の家でも

金額に差が出るのですね。

 

さらにこれは『モノ』だけではなく、

『人、職人さん』も当てはまります。

 

いわゆる『仕事ができる人』には

どの業界でも高い給料をお支払いするのは

一般的だと思いますが、

 

同じく『腕の良い、能力のある』職人さん

には多く給料を支払う必要があります。

 

そういった有能な大工さんであれば、

普通の大工さんができない高度な加工や

丁寧な仕事をしてくれますから、

高い給料を支払う価値も十分あります。

 

完成直後はわかりづらいのですが、

住んで12年すれば大工さん良し悪しで

ほころびが出てくる物件もあります。

 

建売はこの傾向が強いと私は思います、

でなければあんなに安くできませんから。

 

 

家の形状が違うから

 

これは初めて家を建てる人にはあまり

知られていない事実かもしれません。

 

『劇的!ビフォーアフター』

『完成!ドリームハウス』

などの家づくり番組などを見ていると、

普通の四角い家ではなく、複雑な形状を

している家を良く見かけます。

 

L字型の家、コの字型の家、

中庭のある家なんかもありますよね。

 

これらに対して強いあこがれを持つ人も

一定数いると思います。

 

ただ、これらの複雑な形状の家は

普通の四角い家と比べるとコストは

『割高』になるんですよね。

 

これは業界内では当然ではあるものの、

初めて家を建てる人からすれば、

「なんで?」と思うかもしれません。

 

その理由を図を使って説明しましょう。

 

まずは下の図をご覧ください。

 

図形1

 

ABCD4つの形状の家があります。

※家を真上から見た図です。

 

全てマスの数は4つ、つまり同じ面積です。

 

AはいわゆるL字型の家、

Bは凸凹のある複雑な形状の家、

Cは四角い家ですが長方形、

Dはシンプルな正方形の家ですね。

 

さて、面積は同じの4つですが、

形状以外に違うものがあります。

 

それは、『外周の長さ』です。

 

図形2

 

ABCはぞれぞれ外周が『10』あるのに

Dの正方形は外周が『8』しかありません。

 

外周が増えるとどうなるか?というと、

●必要な基礎の長さが多くなる

●外壁面積も増える為、外壁材はもちろん、

 断熱材や構造材、窓の数も増えてしまう

こうなるんですね。

 

Dに対して、ABCは『25%UP』で

それぞれのコストがかかることになります。

※10÷8=1.25倍

 

Dの基礎工事費が200万だったとしたら、

ABCはざっくり250万円ということです。

 

それが、外壁、断熱材、構造材、窓など

全てにおいてコストアップする。

 

こう考えると複雑な形状の家にすると

結構な金額になるのも納得できますね。

 

家を建てる際には正方形から離れれば

離れるほど、建築コストが割高になると

覚えておくと良いですよ。

 

※ちなみに、十数年後のメンテナンス費用、

外壁交換コストも同様にアップします。

 

さらに建築コストとは別に暖房光熱費も

外壁面積に比例してアップしますから

注意した方が良いですね。

 

 

・・・・・・

 

このように様々な要因によって同じ面積に

よっても建築コストは変わるものです。

 

家づくりをしていくとわかりますが、

多くの場合、理想の間取りの家は

予算よりも高くなるものです。

 

その時に家の価格がどのようにして

決まっているのかを知っていると

予算内に上手く抑える選択肢が見えて

くるかもしれません。

 

目の前の見積金額だけではなく、

「なぜこの金額になっているのか?」

を考えることができれば、

 

「見積は高いが、本当に高いのか?」

「実はかなりお得な買い物なのでは?」

を判断することができるでしょう。

 

是非、このことを参考に理想の家を

計画してもらえればと思います。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://fp-sapporo.com/myhome/

********************