札幌住まいのFP相談窓口  > お役立ち情報  > さぁ、増税に向けて準備をしよう

さぁ、増税に向けて準備をしよう

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

消費税10%が現実的になりましたね。

 

残念ながら今回は過去2回の増税延期の

ようにはいかなそうです。

 

来年10月ですから、あと1年弱。

 

まだ先ではあるものの、

いよいよ1,000円のものを買ったら

100円も”税金を払わなければならない

時代に突入します。

 

食材などの生活必需品に対しては

『軽減税率=消費税8%のまま』

が適用になることに対しても

色々な意見が飛び回っていますね。

 

これには私も同感で、ぶっちゃけ面倒だし、

対象品目の線引きがとても難しい・・・

 

牛丼も持ち帰れば消費税8%なのに、

店内で食べれば10%になる摩訶不思議(笑)

 

コンビニも同様に持ち帰れば8%だけど、

イートインなら10%(笑)

 

しかも、どちらの税率を適用するかは

レジでのお客さんの意思表示に従うって?

 

みんな「持ち帰る」っていうでしょうし、

アルバイトの店員さんなら面倒くさくて

聞かずに8%でレジ打ちするでしょうね。

※私ならします、面倒くさいですもん。

 

ってことで、早々に軽減税率については

再検討が必要な状況になると思います。

 

結果、すべての品目が消費税10%

なるでしょう、あくまで予想ですけどね。

 

さて、増税に対して色々と準備をして

おかなければなりませんね。

 

 

増税前にマイホームを買うべき?

 

一週間前までは、

『マイホームは増税前に建てるべきだ!』

と思っていました。

 

※もちろん無理に買う必要はありません。

「今年か来年には家を建てたいなぁ」って

思っているなら、早めが良いのでは?と

いうくらいの感じです。

 

しかし、増税表明で具体的ではないものの、

住宅ローン減税(控除)の拡充が検討され

ているとあり、考えが変わりました。

 

住宅ローン減税(控除)とは、

 

「住宅ローンを組んで家を買うなら、

税金を一定額、減税しますよ」

 

というものです、超ザックリですが。

 

マイホーム購入は税抜2,000万円以上の

買い物になることがほとんどですから、

 

消費税が2%上がることで単純に40万円も

値上がりになってしまいます。

 

そうすると家を買おうと思う人が

少なくなってしまいますよね?

 

政府もこれには頭を抱えていて、

家が売れなくなってしまっては

とても困るのです。

 

マイホーム購入は家具や家電の購入など、

多くの消費活動に直結しており、経済全体

への影響が大きいとされているからですね。

 

その為、政府は増税後も引き続き、

家が売れるような施策、つまり、

住宅ローン減税の拡充に積極的なのです。

 

この住宅ローン減税の拡充内容次第では、

増税後に買った方がお得になる世帯も

出てきそうですよ。

 

 

どんな制度になるのか?

 

ここから先は完全に私の予想です、

未来を確実に断言するものではありません。

 

具体的には言えませんが、おそらく、

 

「増税前に買った方がお得な人」と

「増税後に買った方がお得な人」が

50%50%になるような仕組みになる。

 

これが私の予想です。

 

理由は5%8%に増税した時も同様に

住宅ローン減税の拡充があったのですが、

その時もそうだったからです。

 

どんな人も明らかに増税前に買った方が

お得になるなら、みんな急いで増税前に

家を購入し、逆に増税後に消費が落ち込む。

 

逆も然りです。

 

明らかに増税後に買った方がお得になる

なら、誰もあえてこの一年間で家を

買わなくなってしまいますからね。

 

この辺りのバランスが取れる施策を

打って出てくるはずです。

 

 

今、あなたがやっておくべきことは?

 

この住宅ローン減税の拡充内容が正式に

発表されるのは今年の12月頃では?と

あるネット記事に書いてありました。

 

定かではありません。

もしかしたら来年になるかもしれません。

 

そんな中、あなたが今できることは、

 

『現行の住宅ローン減税の仕組みを

正しく理解しておくこと』

 

そして、

 

『ある程度、余裕を持って住宅購入の

計画を進めておくこと』

 

これに尽きるのかなと思います。

 

増税前に建てるべき、建てないべきの

判断を短期間でしなければならない状況に

なってしまった時に、

 

焦らずにしっかりとした判断ができるか

どうかは今からの事前準備が大切でしょう。

 

自分が増税前、増税後、どちらに家を

建てるべきか?これを自分の判断でできる

ような知識は最低限つけておきたいですね。

 

 

できる限りの家計の改善も

 

また、できるだけ今のうちに家計の改善も

考えておきたいですね。

 

2%物価が上がることになるのですから、

2%家計も改善(支出を下げる)しましょう。

 

TVの街角インタビューを見ていると

 

「いやー、これからの生活費が心配です」

「外食ができなくなってしまうのがイヤ」

 

なんて答えている人達ばかりですが、

 

ファイナンシャルプランナーの意見として

年間の支出240万円に対して増税の影響は

2%で『48,000円』です。

 

月間の支出20万円で計算してみれば、

『たった4,000円』の負担増です。

 

4,000円を軽視する訳ではありませんが、

4,000円程度ならいとも簡単に削減できる

家庭がほとんどです。

 

これは多くの家庭の家計を見てきた

私だから言えるのかもしれません。

 

携帯電話を主とする通信料の見直しや、

無駄な保険に加入している人も

まだまだ多く見受けられます。

 

何に使っているかわからない使途不明金が

年間で50万以上ある家庭もザラですし、

このあたりを増税を期に見直せば、

 

むしろ今までよりもお金が貯まる家計に

することも可能です。

 

これ、本当ですよ。

 

 

・・・・・・

 

私たちが増税に対してあーだこーだ言った

ところで何も変わりません。

 

その時代に合わせて生きていくしか

ありません。

 

政府が消費税を2%上げる決断をするのは

とても苦労があったことと思います。

 

それに比べれば、

私たちの家計を2%改善するのは

とても簡単なことです。

 

さぁ!

 

増税に向け前向きに準備を始めましょう。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

http://fp-sapporo.com/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め5,000円にて行います。

詳しくは・・・

http://fp-sapporo.com/myhome/

********************