住宅ローン手続きで絶対にやってはいけない事

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

これから話すことは、住宅ローンを

借りてマイホームを買う人にとって

とても大切な内容になっています。

 

タイトルにもあるように

『絶対にやってはいけないこと』

なので注意するようにしてください。

 

それでは、結論から言いますね。

絶対にやってはいけないこととは、

 

 

団信の告知義務違反

 

これです。

 

このお役立ち情報では何度も団信、

正式には「団体信用生命保険」の重要性を

お伝えしてきました。

 

団体信用生命保険(団信)とは、

住宅ローンの債務者が亡くなった場合など、

特定の要件で住宅ローンがチャラになる

ほぼ強制加入の生命保険です。

 

保障内容は銀行によって違いますが、

・死亡や高度障害

・ガン

・心筋梗塞や脳卒中で所定の状態になる

などでローンがチャラになるものもあります。

 

団信は一部の住宅ローンを除いて、

ローンを借りる時に強制加入になります。

 

逆に言えば、加入できないならローンを

借りることができないとも言えますね。

 

当然ですが、債務者の健康状態次第では

加入できるとは限りません。

 

健康状態が悪く、団信に加入できない人は

住宅ローンも借りれない可能性が高いと

いうことです。

 

生命保険や医療保険に加入した経験が

ある人は知っているかもしれませんが、

生命保険の申込書には過去2~3年分の

病歴などを申告する必要があります。

 

告知義務違反

 

例えば、

「胆のうにポリープがあり、悪性ではない

ものの、6か月に一度経過観察をしている」

このような感じですね。

 

過去の病歴が多かったり、

何かしら健康状態(数値)が悪く、

病気になるリスクが高いと思われる人は

団信に入れない可能性が高くなります。

 

 

最悪のパターン

 

その為、健康上に問題がある人の場合、

 

「正しく申告したら住宅ローンを借りる

ことができないかもしれないから、

多少なら申告しなくても大丈夫かな?」

 

という考えになる人もいます。

 

実際には健康上の問題があるにも関わらず、

正しく告知をしない、告知義務違反を

してしまう人もいるのです。

 

しかし、この告知義務違反があると

債務者が亡くなってしまった場合に

住宅ローンがチャラにならず、

 

その債務を引き継いだ人がローンの

支払いをしていかなければなりません。

 

例えば、奥様が専業主婦であれば

基本的には『ご主人』が単独で

ローンを組む形になります。

 

この時、ご主人に健康上の告知義務がある

にも関わらず、告知義務違反をしたとします。

 

そして、ご主人にもしもの事があった時、

しっかり告知をして団信に加入していたら

当然、ローンはチャラになります。

 

奥様がローンを引き続き支払っていく

必要はありませんし、そのまま家に

住み続けることもできます。

 

しかし、告知義務違反があった場合、

最悪ローンはチャラにならず、

 

ローンを専業主婦である奥様が

返済していかなければならない

可能性も出てきます。

 

専業主婦の方が多額のローンを

支払うのはかなり大変ですから、

結果的に家を手放さなければ

ならないかもしれません。

 

ちなみにある金融機関が提携している

生命保険会社に聞いたところ、

 

毎月全国で200件の団信の請求があり、

そのうち、約10件が告知義務違反に

該当しているそうです。

 

20人に1人の割合。

5%が該当しているということです。

 

 

なぜ告知義務違反をしてしまう?

 

・病歴を忘れていた

・告知する必要がないと思った

・どうしても家が欲しくて故意に書かない

・このくらいなら申告しなくても大丈夫かな

 

など、団体信用生命保険の重要性がわからず

やってしまうケースもあるでしょうね。

 

自分の意思で告知義務違反をしたのなら

諦めがつくかもしれません。

 

しかし、告知義務違反をする多くの場合は、

自分の意思ではない理由が多いと思います。

 

つまり、ハウスメーカーや不動産会社の

営業マンに「書かなくて大丈夫ですよ」と

言われ、書かないことの方が多いんです。

 

 

保険のプロではない

 

家を購入する人は住宅ローンを借りるのも、

もちろん団体信用生命保険の申込書を

記入するのも初めてですから、

 

いつも住宅ローンを扱っている営業マンの

アドバイスが正しいと思ってしまいます。

 

住宅ローンのことも知っているなら、

団体信用生命保険の正確な記入の仕方も

知っているだろう・・・

 

こう思ってしまっても仕方ありません。

 

しかし実は、彼らは生命保険について

全然、知識はありません。

 

彼らは家や不動産を売るプロですが、

生命保険を扱うプロではありません。

 

生命保険を扱うための生命保険募集人の

資格試験も受けていませんし、

募集人登録もしていません。

 

知識がなくて当然です。

 

 

団信なんてどうでもいい

 

さらに言えば、彼らの仕事は家を売ること、

不動産を売ることです。

 

多くの人は住宅ローンを利用して土地や家、

マンションを購入します。

 

ということは、家を売る立場からすると

お客様が住宅ローンを借りられないのは

とても困ることです。

 

過去の病歴をしっかりと告知する

審査の結果、団信が通らなかった

ローンが借りられない

家が売れなくなってしまう・・・

 

営業マン側の立場からすれば、

あなたがローンを借りられないのは

とてもに困ることなのですが、

 

売った後、あなたにもしもの事があった時、

「団体信用生命保険がおりる、おりない」

は、正直どうでも良いのです。

 

彼らの仕事は家や不動産を売ること。

 

安心して住宅ローンの返済ができること、

もしもの場合に団体信用生命保険がおりる

ことなんてどうでも良いのです。

 

極論、告知義務違反をさせてでも、

何とか住宅ローンを借りさせたいと

営業マンは思っているかもしれません。

 

だからこそ、団体信用生命保険の申込は

自己責任でしっかりしなければなりません。

 

・・・・・・

 

とはいえ、申込書の記入の仕方が

わからないという人もいると思います。

 

その場合は生命保険会社に直接、

記入の仕方を聞いてしまいましょう。

 

申込書には必ず問合せの電話番号が

記載されています。

 

「正直、面倒くさい・・・」

と、思うかもしれません。

 

しかし、これは本当に大切なことです。

 

もしもの時に残された家族のことを

考えてあげてくださいね。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://wp.webte.st/fprise-cl/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め10,000円(税込)にて行います。

詳しくは・・・

https://wp.webte.st/fprise-cl/myhome/

********************

 

新松 尊英
札幌住まいのFP相談窓口代表。札幌で住宅会社の営業マンとして働いた後、中立的な第三者立場から住宅購入の相談ができる仕組みを確立するために独立。

保険や住宅を売ることを目的にせず、有料で相談を受けている住宅購入専門のファイナンシャルプランナー。そのスタイルが支持され、札幌市近郊を中心に累計1,000件以上の住宅コンサルティングをおこなっている。