札幌住まいのFP相談窓口  > 実際に相談されたお客様の声

実際に相談されたお客様の声

家が売れればOKと思っている人のアドバイスではダメだと思いました

札幌市西区・団体職員 長山 さま



▲クリックで拡大

新松さんに相談する前からあるハウスメーカーさんとの打合せを進めており、あと一歩で土地の契約というところまで行っていました。ただその時、ハウスメーカーの営業さんに対して違和感というか、不信感のようなものを感じたんです。
 
確かに良い土地だとは思いましたが、私達にとって本当にベストな選択肢なのか?という部分については触れず、早くしないとなくなってしまうの一点張りでした。
 
振り返るとその方が進める土地を購入していたら、その方のハウスメーカーで家を建てる流れになっていたと思います。だから早く決めてほしかったんだろうな・・・と思います。
 
そんなマイホーム購入に嫌気が差していた時に出会ったのが新松さんで説明も丁寧で、とても柔らかい話し方をしてくれる方でした。
 
当初探していたエリアで良い土地が出た時も、私が心に引っかかる部分があって・・・その気持ちを汲んでくれ、無理にプッシュしないでくれました。
 
一方で、今、実際に購入した土地が出た時は、決断までの猶予が全くないエリアの土地で購入をためらっていた私たちの背中を押してくれました。情報が出た翌日の朝7時に現地で待合せして一緒に土地を見てくれて本当に助かりました!
 
以前から「良いものは良い、悪いものは悪い」としっかり伝えてくれていたので、新松さんの言葉には安心して身を委ねることができたと思っています。
 
また、私は体質的に化学物質に対する臭いに敏感でアレルギーもあり、かつLED照明器具や軽微な電磁波にも弱いなど、建てる家にも色々制約がありました。
 
そんな中で親身に対応してくれて、知識も実績も十分な会社を紹介してもらえましたので安心できましたし、今、実際に住んでいてとても快適に過ごせています。
 
親からの贈与もあり贈与税の心配もありましたが、基本的な贈与税の仕組みを教えてもらい、その後税理士さんと連携してどうしたら良いのかの道筋を作ってくれました。
 
お金のこと、税金のこと、家のこと、もちろん住宅ローンのことにも精通していて「住宅ローンってそんな組み方ができるの?」って驚いた記憶があります。
 
振り返ると、住宅やお金の知識差はあると思いますが「家が売れればOK、土地が売れればOK、住宅ローンなんてどれでもOK」って思っているハウスメーカーの人からのアドバイスでは私たちにはダメだったのかなと思います。
 
マイホームを検討してから引っ越しまで時間はかかったけど、焦らせることもなく、親切に対応していただけたこと、本当に感謝しています。

教育費と住宅購入費にとても不安がありました

札幌市白石区・自営業 吉田 亨 さま



▲クリックで拡大

私たちには子どもが3人いまして、長男が今年、ある私立高校へ進学をしましたがマイホームを検討し始めた時は中学3年生でした。札幌の公立高校への進学は初めから考えておらず、サッカーが強い道内私立高校に進学するつもりだったので、それだけでもどれだけお金がかかるかわからず、不安に思っていました。
 
子どもの教育費だけでも不安があるのに、住宅費用についても「このまま賃貸マンションに家賃を払い続けていくことが無駄ではないのか?」「年齢を考えた時には今が一番ベストではないか?」とふと思ったんです。
 
とはいえ、今の賃貸マンションの家賃以上の支払いは厳しく、「現在の家賃以下の金額で家が購入できるのか??」「購入することができたとしても、今後、支払っていけるのか??」について強い不安がありました。
 
そんな時に新松さんが配信している“住宅購入の無料メール講座”へ登録をしたんです。日々、内容を読み進めていくうちに、「今、我が家が直面している問題を解決するためにはこの人に一度、お話しを聞いてもらった方が良いだろう」と思い、問合せをさせて頂いたのが始まりです。
 
私たちの一番の問題は自営業なので銀行のローンが通るのかでした。
 
さらに、ローンを組んで家が建てられるとなったとしても、自分達にあった住宅会社の選び方がわからない・・・。大手のハウスメーカーは高いイメージがあるし、かと言って山ほどある工務店の中からどこを選べば良いのかも全くわかりません。主人が住宅に関する仕事をしているにも関わらずです。
 
不安が募る中、初回の資金計画の相談をした際に、今後子供たちの成長に伴って必要になるお金の話、その他日常的にかかってくるお金のことやマイホーム購入のことについてお話しを聞くことができ具体的なイメージが沸き、不安が少しなくなったことを覚えています。
 
一番気になっていた住宅ローンの審査についても、どの金融機関が一番良いのか?そしてその金融機関でどのような住宅ローンの組み方をすればよいのか?をアドバイスしていただきました。銀行とお金を借りる契約の時にも同席をしてもらい、安心して契約に臨むことができました。
 
初めて家を建てるがゆえ、わからないことだらけでしたが色々とアドバイスや客観的な意見をもらえて助かりました。土地取得から工事、銀行ローン手続き、引越しなど複雑なスケジュール管理についても「次はこれをします」「その時必要なものはコレです」「その次はいつ頃、こんなことをしますよ」みたいにわかりやすく都度教えていただけましたので、安心して計画を進めていくことができました。
 
振り返って思うのが、『建築会社でもなく、不動産屋でもなく、銀行の方でもない本当の意味での第三者』が私たちの家づくりの味方として常に近くにいてくれて安心できました。もちろんただ近くにいるだけではなく、建築、不動産、ローンなどのお金、すべてに対して高い知識を持たれていると実感しましたし、何か不安に思った時にはすぐ気軽に意見を求めることができる人がいるというのは、これほどまでにも心強いことなんだと思いました。
 
新松さんは実際にはサービス内容に入っていないだろう『新居の内装工事(写真)』にもお手伝い頂きました(笑)
 
サービスの契約をする前に言っていた「私は吉田さんに満足してもらえる家づくりのお手伝いがしたい」という言葉に嘘はなかったと本当に思います。プロフェッショナルとは新松さんのような方のことを言うのかなと思います。
 

『さすがプロだなぁ』と思えるアドバイスで良い決断をさせてもらいました

札幌市東区・会社員 古川 さま



▲クリックで拡大

いつも見ているフリーペーパー主催で住宅購入のセミナーがあり、その時の講師が新松さんでした。
 
セミナーの内容がとてもわかりやすく、「もっとこの人にアドバイスをもらいたいなぁ!」と素直に思いました。
 
お金についての不安はありましたし、自分たちが家を買っても本当にいいものかわからなかったのですが、『あんしんマイホーム資金計画書』で適正な住宅購入金額を知ることができ、不安がなくなっていったのを覚えています。
 
家を建てていく過程で一番大変だったのが『土地探し』でした。ただでさえ土地情報が少ないのに、保育園の通学エリア内で探したかったこと、土地の広さ、金額など、条件に合った土地を探すのはとても根気のいるものでした。
 
ただ、私たちはこれらを新松さんに相談することができたので、他の人たちよりもスムーズに進められたかもしれません。いいなぁと思う土地があるたびにその土地のメリット・デメリットをすぐに教えてくれて本当にありがたかったです。
 
特にありがたかったのが最終的に購入にいたった土地が出た時です。すごく気になるエリアに土地情報が出たのですが、大まかな住所しかサイトには出ていませんでした。掲載している不動産屋は営業時間外で詳細はわからず・・・。
 
早くしないとなくなってしまうだろうし、どうしたらよいかと、とりあえず新松さんに「この物件気になるのですが詳細がわからなくて…」と伝えたらたった数分で「おそらくココです!」って調べてくれたんです。
 
「なんでわかるの?」って思ったんですが、理由を色々と聞いて「なるほど!さすがプロだなぁ」って思いました。場所がわかっただけではなく、その土地は角地だったのですが、「玄関をこちら側にするとこういったメリットがあります」みたいな家の間取りに関することも瞬時に教えてくれたので、土地を見つけた1時間後には「この土地を買いたいです!」と決断することができました。
 
新松さんがいなかったらこの土地は他の人に渡っていただろうなぁと思います。
 
その後の土地の契約、銀行とのローン契約、土地の決済、大事な時にはいつも一緒にいてくれて、わからないことがあれば何でも丁寧にわかりやすく説明してくれるので本当に心強かったです。新松さんがいてくれるだけで安心でした。
 
今では『飲み仲間(笑)』になった新松さんですが、こんな立派な仕事をしていて本当に尊敬できるお兄さん的存在です。これからも末永く宜しくお願い致します。

家を建てることに対して背中を押してもらえました!

札幌市東区・会社員 猪口 さま



▲クリックで拡大

そろそろ「家を建てたい!」と思う反面、35年間という長い期間を考えると、子供がどんどん成長し、今とは全く違う状況の1020年先まで「本当に住宅ローンを支払っていけるのか?」不安でした。
 
また「定年後、年金暮らしの中でローンの支払いなんてできるのか?」と、ただただ不安で一向に「家を建てる!」と決断をできずにいました。
 
このままでは何も状況が変わらないと思い、インターネットで住宅購入の相談ができるファイナンシャルプランナーさんを探していたところ、札幌住まいのFP相談窓口と新松さんを知り、勇気をもって問い合わせをしてみました。
 
相談に行く前に新松さんのプロフィール等もしっかりチェックしていたのですが、実際に会ってみるとプロフィールから伝わってくる雰囲気通りの人だったのを覚えています。
 
実際に相談してみると、子どもの成長に伴って必要となるお金はもちろん、趣味や車の買い替え、老後の資金など、今は見えていない必要経費を含めて先々を見通した『あんしんマイホーム資金計画書』でシミュレーションしてもらったことで、ローンを支払っていけるという予測が数字とグラフで見ることができました。
 
この時、背中を押してもらえたような気がして今まで悩んでいた「家を建てる!」ことを決断することができました。
 
さらに新松さんには、金利タイプなどのお金に関わることだけではなく、住宅に関すること何でも相談でき、都度わかりやすく説明、アドバイスしてもらえたことを本当にありがたく思っています。
 
新松さんに出会わなければ、決断するまでにもっと時間を要していただろうし、年齢からの焦りもあり不安なまま家を建てていたかもしれません。
 
納得のいく家造りができ、安心して新しい家での生活をスタートできたのは新松さんとの出会いがあったからです。本当にありがとうございました!

誠実、かつ真摯でプロフェッショナルな対応の新松さんには、全てをお任せできました

江別市・学校勤務 本谷 さま



▲クリックで拡大

私たちは昨年頃から「家を建てたい!」と思い立っていたものの、実際に何から始めてよいのか、どうすればよいのか、右も左もわからない状態でした。 
 
何かヒントが得られるだろうと、とりあえずモデルハウスやマイホーム購入検討者のための無料相談所などにも足を運びましたが、一般論ばかりでしっくり来ず・・・。
 
そのような中でも目星をつけて、何件かのハウスメーカーさんと打ち合わせをしましたが、当然ながらどこも自社メーカーの長所は伝わるものの、肝心の“私たちに合った”家なのかどうかに関しては判断材料が少なく、正直、判断しかねていました。
 
加えて経済面での不安も大きく、「提示されるローンの金額が果たして私たちの返済力に見合ったものか?」「ローン返済が開始した後の家計状況はどのようになるのか?」について気になっていたものの誰にも相談できず、考えても答えが出ない疑問や問題を抱えながら、「本当に家を建てられるんだろうか・・・」と、あれほど楽しみにしていた家づくりに対する想いが後ろ向きになってしまっていました。
 
そんな時、『札幌住まいのFP相談窓口と新松さん』の存在を知り相談することに。
 
シミュレーション(あんしんマイホーム資金計画書の)結果は、私たちが考えていた予想とは大きく異なり、それを知ることができたことで家計に関する不安を払拭することができ、前向きに家づくりの計画を進めることができました。
 
上記以外にも相談を通して解決に導いてくださったことは数えきれませんし、すべてに共通していることとして、不安・疑問・問題が出た際には、こちらが恐縮するほど即座に相談でき、都度、的確なアドバイスをもらえました。
 
さらに私たちの立場で家づくりの楽しみや不安をともに共有し、家が完成するまで私たちが迷うことなく道を示していってくれました。それは、“親身”という一言では片付けられないほどのものです。
 
家づくりに関して誠実、かつ真摯でプロフェッショナルな対応の新松さんには、安心して全てをお任せできました。心から感謝しています。

家づくりは決断の連続。後悔の無いように一人で決めるのは難しかったと思います。

恵庭市・製造業 中 さま



▲クリックで拡大

転勤で慣れ親しんだ北海道に移れたこと、長男が来年から小学校に上がることをきっかけに家を買おうと思いましたが、教育費が今後かかること、そして私の年齢的な問題もあり、購入予算やローンの組み方について不安があったので相談してみることにしました。
 
あんしんマイホーム資金計画書の結果を見て、今の生活のままだと思っていたよりも家に予算をかけられないのがわかり、正直、少し落ち込んだのを覚えています。
 
ただ、新松さんから「この部分をこのように改善すればあと予算を200万円あげることができますよ」といったアドバイスをしてもらえたので前向きになれましたし、相談して良かったなと思っています。
 
住宅ローンについても自分で勉強していたのですが、見慣れない言葉が多い文章を読み理解するのは思っていた以上に大変で、結局理解できていなかったこともありました。専門家にお願いできて心強さをとても感じました。
 
ただ、僕が新松さんに相談して一番良かったと思うのは、何よりも『迷った時に何でも相談できる相手ができたこと』です。
 
家を建ててみて思うことは、決断の連続だったなということです。その決断には成功、失敗の判断の出来ないものがあります。例えば『この土地に決めなかったら他にもっと良い土地が見つかったか?』は比較ができないので答えは出ません。この決断を後悔の無いように一人で決めるのは難しかったと思います。
 
その為、悩みや迷いがある時に相談できる人がいるというのは、とても心強いと感じました。
 
何でも相談できる第三者がいるのはとてもありがたかったです。僕はその相談相手が素人ではなく、新松さんのような専門家だったから安心して家を建てることが出来たと思いますし、とても感謝しています。

幅広い知識で、住宅購入に関わる全てを解決してくれます

札幌市東区・介護福祉士 佐藤 龍平 さま



▲クリックで拡大

6年前からマイホームの計画をしていて、札幌市内のたくさんの住宅メーカーのモデルハウスやパンフレット、雑誌等を見て勉強をしていました。構造や断熱などの特徴について、普通の住宅営業マンよりも詳しくなった自信があります!
 
しかし、各社言っていることがバラバラで、結局『何を基準に選ぶべきか?』『本当に良いものは何なのか?』がわからなくなり、どの会社で家を建てれば良いのかがわからないまま、時間だけが過ぎていきました。
 
お金をかければかける程、性能の良い家ができるのは理解できましたが、『自分たちが購入しても良い上限金額』や、『住宅ローンの組み方』などがわからなかった為、決めきれなかったという背景もあります。
 
そんな時に、住宅購入専門でファイナンシャルプランナーをやっている新松さんの存在を知り、相談することにしました。
 
FP=お金』のイメージが強かったのですが、新松さんは幅広い知識で、住宅購入に関わること何でも相談できました。
 
ひとつひとつ、私たちの立場になってアドバイスしてもらい、住宅ローンの返済についても、「自分たちがしっかりと返していける金額と金利プラン」を診断してもらうことで、安心して住宅計画を進めていけました。
 
さらに、自分たちにぴったりの住宅会社を紹介してもらえたおかげで、何の不安も迷いもなく、住宅会社を決めることができました。
 
自宅や、時には深夜のスターバックスなどで、プライベートなこともフレンドリーに話ができた新松さんを今では弟のように思います(笑)
 
お金だけではなく、『住まいに関する全てを解決してくれる新松さん』のようなFPがいてとても感謝しています。

建築に関する知識が豊富!納得いく家づくりが出来ました

札幌市・コンサルタント 木下 さま



▲クリックで拡大

住宅の購入を考え始めてから、様々な情報収集を行っていました。
 
そのうちのひとつが新松さんの「住宅購入7つのルールセミナー」であり、セミナーを聴講し、内容も非常にわかりやすく、この人になら是非、アドバイスを頂きたいと思い個別相談へ移行しました。
 
低金利により借入可能総額が多くなっていることは漠然と分かりつつも、具体的にどこまでローンを組むことが適正であるのか、今後の家族計画も含めて不安があり、第三者の見地がほしいと思っていました。
 
実際に個別相談を受けてみると、建築に関する知識も豊富で、間取りプランのチェックやカラーコーディネートなどにも詳しく、様々なアドバイスを頂き、おかげで納得のいく家づくりが出来ました。
 
資金に関してもわかりやすい『収入と支出のグラフ』と『貯蓄残高の推移表』を作成して頂き、安心して購入に踏み切ることが出来ました。
 
多くのファイナンシャルプランナーの方がいらっしゃいますが、住宅実務に精通し、FPの知識も確かな新松さんと出会えたことは私の財産です!本当にありがとうございました!!

具体的な数字やグラフで納得、不安を安心へと変えてくれました

札幌市北区・医療関係 佐藤 雅士 さま



▲クリックで拡大

両親所有の土地があり、そこに二世帯住宅の建築を検討していました。
 
初めに住宅購入のアドバイスが無料で受けられる相談カウンターへ行ったのですが、そこで家を建てるには思っていた以上に色々なお金が必要だと知り、私達では建てることができないのではないかと不安が強くなりました。
 
その相談カウンターで工務店を紹介してもらったのですが、そこで出してもらった見積金額は3,200万円で、ただ漠然とお金が足りないのでは?という不安だけが残ってしまいました。
 
そんな時に、無料メール講座に登録していた住まいのFP相談窓口の「あんしんマイホーム資金計画サービス」を受けることにしました。
 
相談する前は、『家を建てられないのではないか』と落胆していたのですが、今までや将来の収支を把握した上で、具体的な数字やグラフを見ながら、将来のことを想定して話をしてもらい、どのくらいの予算なら家を建てられるかアドバイスを頂きました。
 
相談後は、私達の不安は安心へと変わり、そして『やる気』へと繋がっていきました。