マイホームブルーに陥る人々

「家を建てるならA工務店で建てたいと思っていました。雰囲気や使っている内装材が素敵で、担当者さんとの相性も良いんです。

ただ、このA工務店で家を建てた場合、自分たちの理想の間取りを実現すると、最低でも3,200万円くらいにはなりそう。土地と合わせて5,000万を確実に超えます。

新松さんに相談して、5,000万のローンを組んでも問題ないと診断してもらい、安心して計画を進めていけました。

しかし・・・実際に契約間際になり、自分たちが家に5,000万円ものお金をかけることが正しい判断なのか心配で、不安や、焦りのようなものを感じてきました。契約直前のタイミングなのですが、新松さんはどう思いますか?」

お客様からのご相談で、上記のようなやり取りをすることがあります。

買いたいなら買えばいい

これに対する回答ですが、

「買いたいなら買えばいいし、買いたくないなら買わなければいい」

鬼のように冷たいですが、ただそれだけです。

当初から憧れていた住宅会社で計画が進み、楽しい気持ちが続いていたものの、何かしらのタイミングで我に返り「本当にこの判断は間違いないのだろうか・・・?」と不安になってしまうことは、よくある話です。

理想の暮らしができる空間を買うべきか?(お金よりも住まいを優先)

それとも少しでも毎月の返済が楽になる価格を優先するべきか?(住まいよりもお金を優先)

あなたが人生において優先させたい『生き方次第』で選択は変わりますから、焦らずに時間をかけて悩んでみるべきではないでしょうか?

大きな買い物ですから、心の底から納得して購入しないと後悔しますよ。

後悔のない選択を

必ずどちらが正解というものはなく、個人の価値観を尊重し、そして決定すればいいものになります。

買っても問題のないと「あんしんマイホーム資金計画書」で診断もできており、無理のない範囲内での買い物ですから、あとは買いたいのか、買いたくないのか、単純にそれだけなのです。

しかし、マイホームが多くの買い物と異なり、注意しなければならない点があります。

それは価格が大きいことゆえに、容易に方向修正ができないことです。

例えば、衝動的に購入してしまった服を「無駄遣いしてしまったな・・・」と後悔したとしても、今の時代はメルカリなどで売ってしまえば損失を少なくすることができます。

10,000円(税込)で買った服を7,000円で売れれば、損失は3,000円(マイナス30%)です。

3,000円なら精神的な切り替えもできると思いますし、取り返すことも余裕です。

これがマイホームの場合、同様に30%の売却損が出てしまうと、損失は数百万円、場合によっては1,000万円単位でのマイナスが出てしまいます。

また、ローン返済が35年払いの場合、金利1%で300万円借り入れが増えると、毎月の返済額が約1万円増えます。

この1万円が精神的に大きかったりするのです。

金額が大きな買い物だからこそ、後悔しないように満足のいく家を建てたい気持ちは強くなると思います。

ただ、人生において重要視するもの次第で「家に対して求めるもの」や「家にかけるべき金額」は変わってくると思います。

家を買うことは『目的』ではなく、人生を豊かにするための『手段』です。

もしあなたがこの選択で迷った時、自分の人生を豊かにするためには、どのくらいお金をかけて家を建てるべきか、一度立ち止まって考えてみるのが良いと思いますよ。

新松 尊英
札幌住まいのFP相談窓口代表。札幌で住宅会社の営業マンとして働いた後、中立的な第三者立場から住宅購入の相談ができる仕組みを確立するために独立。

保険や住宅を売ることを目的にせず、有料で相談を受けている住宅購入専門のファイナンシャルプランナー。そのスタイルが支持され、札幌市近郊を中心に累計1,000件以上の住宅コンサルティングをおこなっている。

関連記事