予算オーバーしてしまう人の特徴

From:新松尊英@札幌住まいのFP相談窓口

OPP_0001rr00

 

「当初3,500万円で計画していたけど、

結果、トータルで4,000万円の家に

なっちゃいました、あはは(笑)」

 

マイホームを購入するとき、

こんな感じで当初考えていた予算よりも

オーバーしちゃう家庭がとても多いですね。

 

予算オーバーとひとくくりに言っても

50万円~100万程度の家庭もあれば、

300万円~500万、中には1,000万円以上

予算を上げてしまった家庭もあります。

 

私の肌感覚だと95%以上の家庭が

当初考えていた予算よりもオーバーした

計画になってしまっていますね。

 

私が提供している“適正な購入金額診断”

を受けた人でも、予算オーバーした人が

いるくらいです。

 

まぁ、50万~200万円くらいですから、

そういった方には予算を上げた分だけ

違う支出を改善しないといけませんよ!

 

っていう話をし、解決策を導き出して

実行してもらうので問題はありません。

 

しかし・・・

 

これが300万円、500万円、1,000万円も

当初考えていた予算よりも上がってしまい、

その後の家計改善もしないなら話は別です。

 

マイホームに住んだ途端、生活が苦しくなり、

「こんなはずではなかった・・・」と

後悔する羽目になるかもしれません。

 

 

予算オーバーしてしまう人の特徴

 

これから家を購入しようと考えている

あたなは予算オーバーしやすい体質か?

 

その点、気になりませんか??

 

私が住宅購入専門のFPとして独立して

約5年半ではありますが、おおよそ

 

「あ、この人は予算オーバーするだろうな」

 

という特徴を『簡単な方法』で見極める

ことができるようになりました。

 

多くのお客様の家計状況を見てきた中で

ある程度の“共通点”を見つけたからです。

 

 

結婚式にいくらお金かけました?

 

見極め方法は簡単です。

 

今までしてきた“大きな買い物”において

どれだけ予算をオーバーさせてきたか?

を振り返れば良いだけです。

 

簡単ですよね?

 

ポイントとしては

・大きな買い物であること

・買替えが簡単にきかない商品であること

この2点です。

 

具体的には、

『車の購入費用』

『結婚式の費用』

この2つです。

 

これから家を買おうと考えているあなたが、

過去にしてきたと思われるこの2つの

大きな買い物において、

 

「予算オーバーをどれだけしたか?」

を振り返れば、これから買う家も同様に

予算オーバーするかどうかを把握できる

ということです。

 

これ、かなりの確率で当たりますよ。

 

 

お金より”こだわり”が勝つ

 

この2つが予算オーバーしてしまった、

イコール、マイホーム購入時も同様になる

という根拠は、

 

それぞれ商品は違えど、性質や趣味趣向が

とても反映されやすい商品だからです。

 

結婚式、マイカー、マイホームは

一生に何度も買えるものではなく、

個性を反映させやすいものなんです。

 

例えば、

 

車の場合「乗れれば何でもOK」ではなく、

・カッコイイ(と思われる)車が良い

・みんなが乗ってない車が良い

・便利な機能(オプション)をつけよう

 

結婚式の場合なら、

・友達と同じ式場は嫌だ!

・オリジナリティのある式にしたい

・料理、デザートで喜んでもらいたい

・引出物も変なものをあげたくない

 

こういった考えで車を購入してきた人、

結婚式場を選んだ人はマイホーム購入でも、

 

・建売みたいな普通の家は欲しくない

・お客さんに「素敵!」って言ってほしい

・カッコイイ家にしたい

・広い家が欲しい

・便利なオプションは付けてしまおう

 

こういった考えになる傾向が強いためです。

 

車、結婚式、マイホームは、安く買おうと

思えば安くできるものですが、

 

自分達らしいこだわりを追加していくと

どんどん費用が高くなってしまいます。

 

お金よりも“こだわり”が勝るんですね。

 

結論、結婚式に使った費用や

車にかけているお金が高い人は、

マイホーム購入費用も高額に

なりがちであるということです。

 

 

対策方法は?

 

このことから、もし自分の過去を振り返り

「自分は予算が上がりやすそうだな・・・」

と思うようであれば、

 

最初から予算は上がるものと考えて、

最初の『上限バー』を下げておきましょう。

 

例えば、最初から3,500万円という上限を

設定してしまうと、3,600万、3,700万、

場合によっては4,000万円の計画になって

しまう人もいるでしょう。

 

そういった傾向があると自覚した人は、

それを見越して、最初のバーを3,300万円

に設定しておくということです。

 

簡単なことなんですが、

なかなかこれができません。

 

理由は、そのようにして設定した

上限バーは“こんにゃく”のように

いとも簡単に崩れやすいからです。

 

「予算が上がる前提だから、とりあえず

これよりも上がってもよいよね?」

みたいな感じで、あってないようなものに

なってしまうんです。

 

なんとなくわかりますよね?この感じ。

 

そうではなく、しっかりと“鉄の壁”の

ように上限バーを設定することです。

 

まぁ、言ってしまえば『強い意思』を

持てるか持てないかの問題なのですが、

 

少しの気のゆるみで大きく予算をオーバー

してしまうマイホーム購入だからこそ、

この辺りはしっかりと考えてほしいのです。

 

もちろん適正な『上限バー』がわからない

ということであれば、適正な予算の診断を

することからオススメします。

 

 

*******************

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人は、こちらから!

https://wp.webte.st/fprise-cl/mail/

 

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【あんしんマイホーム資金計画サービス】

詳細ヒアリング、予算診断結果のご説明、

2回の面談を含め10,000円にて行います。

詳しくは・・・

https://wp.webte.st/fprise-cl/myhome/

********************

 

新松 尊英
札幌住まいのFP相談窓口代表。札幌で住宅会社の営業マンとして働いた後、中立的な第三者立場から住宅購入の相談ができる仕組みを確立するために独立。

保険や住宅を売ることを目的にせず、有料で相談を受けている住宅購入専門のファイナンシャルプランナー。そのスタイルが支持され、札幌市近郊を中心に累計1,000件以上の住宅コンサルティングをおこなっている。